3歳長女のお小遣いデビュー 「お金」について学ぶきっかけに【チッチママ&塩対応旦那さんの胸キュン子育て 第60話】


皆さんこんにちは、チッチママです。

最近、スーパーへ買い物に行くと、長女は小さなカゴを持ってお菓子コーナーへひとりで向かっていきます笑
(もちろん後ろからついていきますけどね笑)
まとめ買いできていた時はそこまで気にならなかったのですが、最近ちょこちょこ買い足すものがあってと結構な頻度で長女を連れてスーパーへ行くので、そのつどお菓子を買おうとする長女に「ちょっと待った!」をかけることに。

がま口ポーチに300円入れました。

「買って」と言えば買ってもらえるわけじゃないし、「お金」っていうのはね? って事もそろそろ教えても良いのかな…限りある中で今自分が欲しい物を選択する練習になるかも…
と、ぬるっとお小遣いデビューさせてみました。(今この時期は「お菓子を買うこと」のみのお小遣いにしています。)

我が家の場合ですが、設定した金額的に週に2回は自分で買ったおやつを食べる日になります(もちろん子どもコーナーに置いてある少量のやつね!)。
普段はおやつの時間はバナナやミカン、ヨーグルトなどで、スナック系はあまり食べないので、週に2回くらいは「ザ☆おやつ」を食べさせても良いかな、と。

早速可愛いがま口ポーチに300円をいれて長女に渡してみました。
「この中にお金が入ってるよ。チッチが自分で考えてお菓子買ってごらん?今週はこの300円で、お菓子を買ってみよう」
ちょっと難しいだろうけど、挑戦です。

使うと足りなくなることがある…明日に残せるように使う…など考えているようです。

おおおお!?
これは…欲しいものは無限に手に入るもにではない、というのが少し理解できたのかな…?
また、あれが欲しいから今はこれを我慢しよう、という長女の気持ちも見えてなんだか関心してしまいました。

とはいえ、毎回すんなりいくわけではなく、たまに空っぽのポーチを抱えて口をとんがらせて「やーだ」なんて言う日もありますが、なんとなく「物を買う」ということを体験していってもらえたら良いなと思っています。
(チッチママ)

当記事はウーマンエキサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ