どんなに年を重ねても… 人を叱るのが苦手な人が多数いる理由とは

しらべぇ

2020/1/15 11:00

(itakayuki/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
人を指導するときには、叱る場面も出てくるだろう。しかしながら人を叱るのは、かなり勇気のいる行為である。

■「人を叱れない」半数も


しらべぇ編集部では全国10~60代の男女1,798名を対象に、「叱る行為について」の調査を実施。



「人を叱れないほうだ」と答えた人は、全体で49.9%と半数に迫る高い割合になっている。


関連記事:自分は正義感が強いと思う人は要注意? 「お前の理想を押し付けるな」の声も

■悪者になりたくないため


性年代別で見ると、男女ともに年代が上がっても人を叱れない人が半数前後いることがわかる。



自分が悪者になるのが嫌なので、叱れない人も多いようだ。

「人を叱るには、やはりそれなりの覚悟がいる。強い口調で言って、嫌われてしまうのはいくら上の立場であっても嫌だし…。結局、悪者になりたくないんだろうな」(30代・女性)


■自分が上からきつく言われたため


自分が上からきつく言われたために、部下には優しく接しているという男性も。

「僕は今だと絶対に、パワハラに認定されるような上司の下で働いていたこともあった。そのような経験があるために、自分の部下たちにはつらい思いをさせたくないと考えている。


僕はできる限り叱ることはせず、褒めて伸ばしたい。ときには指摘しなければいけないこともあるけれど、叱るのとは別の方法でアプローチしている」(40代・男性)

■少し注意しただけで萎縮


後輩のメンタルが弱いために、とても気を遣っている女性もいる。

「うちの会社にいる若い子は、ちょっと注意しただけで萎縮してしまうところがある。それも強い口調でなく、すごく優しい感じで言っているのに…。


そんな後輩に叱ってしまったら、完全に怖い先輩になるのは目に見えている。こちらがこれほど気を遣っていることを、当人はわかっているのだろうか」(30代・女性)


人を叱る立場の人たちも、思い悩んでいる人が多いようである。

・合わせて読みたい→追い込まれるほど闘争心に火がつく! 仕事で揉まれメンタル強くなった人も

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年12月13日~2019年12月18日
対象:全国10代~60代の男女1,798名(有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ