ゴッドハンド整体師が教えるデスクワーカーの体ケア 第4回 腰痛の原因は腰じゃない!? タオルを使った簡単ケアとは


腰痛は、もはや国民病と言っても過言ではないかもしれません。腰は仕事で一日中座っていたり、同じ姿勢をとっていたりすることで負担がかかりやすい場所です。ぎっくり腰や椎間板ヘルニアなど、腰痛を放置することで引き起こされるけがや病気もあります。今回は、腰痛の原因とゆがみの改善に効果的なタオルで簡単に作れる「ふくらはぎ枕」をご紹介します。

○わざと姿勢を悪くしようとしている人はいない

「悪い姿勢をするから体がゆがむ」と考えてる方は意外と多くいらっしゃいます。しかし、私は「悪い姿勢をとらざるをえない日常生活が、体のゆがみの原因である」と考えています。これは、腰痛でも同様です。

「デスクワークで一日中座っている」という状態そのものが、人の体にとってあまり自然な状態ではありません。そのバランスをとるために、ゆがみを引き起こすような姿勢をとる。それが立ってるときの姿勢にも影響を及ぼし、悪い姿勢でも問題なく動作が行えるように首でバランスをとる。その結果ネックストレスが溜まり、全身に影響が出る。その中で影響が出やすいのが腰ということです。もちろん、座っている姿勢で腰回りの血行が悪くなっているため、筋肉が硬くなりやすいといった他の要因もあります。
○腰痛の原因は足首のゆがみにある可能性も

人の体には、重力によるストレスがかかっています。足首はその中でも最もそのストレスがかかる部位です。つまり、負担がかかりやすく、問題が起こりやすい箇所だと言えます。

とくに、過去に捻挫などのけがをしている方は、その後のケアが不十分だと、耐久性が低くなっている可能性があります。足首の耐久性が低くなっている人の足首は、通常の負荷でもゆがみが発生しやすくなっています。実際に私が施術させていただいている患者さんも、そういった原因で腰痛に悩まされている方は少なくありません。

もし心当たりがございましたら、ぜひ足首のケアをしてみてください。ケア方法としておすすめなのが、タオルで作った「ふくらはぎ枕」です。
○「ふくらはぎタオル枕」でゆがみを整えよう

腰の痛みを感じる人は、ついつい腰をトントンと叩いたり、押したりしてしまいますよね。それも全く効果がないわけではないのですが、その叩いたり押したりで痛みが緩和されても、すぐに元通りになってしまいます。腰をケアしてるのに、なかなか痛みがなくならない、とお悩みの方にこそ試してみてほしいです。

【ふくらはぎタオル枕を作る前の検査】

一度ベッド、布団に横になって、脚を上げてみてください。左右両方とも行って、その重さを覚えておいてくださいね。

【ふくらはぎタオル枕の作り方】

2枚とも長辺を半分に折り、さらに半分に折ってください。

2枚とも折れたら、重ねてベッド、布団の足元に置きましょう。

次に、高さの調整を行います。一度寝転がって、重ねたタオルの上にふくらはぎを乗せてみてください。このとき、かかとはタオルの外に出しましょう。タオルの上に乗っていると、十分な効果が得られません。逆に膝はタオルに乗っていてOKです。

さて、タオルの外に出たかかとは、敷き布団についているでしょうか? それともタオルの厚さによって浮いてしまっているでしょうか?

もし写真のようにかかとが浮いているのであれば、タオルを1枚にしましょう。かかとが浮いた状態では効果がありません。逆に、かかとは敷き布団についているけれど、ふくらはぎがタオル枕から浮いている状態ならば、タオルを3枚に増やしてください。

ふくらはぎとかかとがしっかりついている状態になったら、ふくらはぎタオル枕を作る前の検査と同じように、脚を上げてみましょう。脚が上げやすくなっていませんか? もしあまり効果を感じないようであれば、位置や高さが合っていない可能性があるので再度調整してみましょう。脚が上げやすいと感じる位置、高さのふくらはぎタオル枕を作ってください。

・ふくらはぎがしっかりとタオルに乗っている
・かかとが敷き布団についている
・できたら必ず脚を上げて調整

この3つのポイントを押さえてくださいね。

○整体師:熊谷 剛
様々な媒体で「ゴッドハンド整体師」として取り挙げられ、過去に述べ5万人の患者に施術した整体師。すぐに「スッキリ」を感じられる、しかも「痛くない」整体術を得意とし、多くのお客様から満足を得ている。高校時代の柔道の経験から、体のメンテナンス手段の一つである整体に興味を持ち整体師を目指す。27歳の独立&開業後は1年4ヶ月で2店舗目、その半年後に3店舗目を展開するという、整体業界では異例のスピードで成長。現在は「人生を楽しむための健康」を考え、治療院の経営の他、健康商品の販売やセラピストスクールの運営など様々な事業を手掛けている。■クワトロハート

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ