メーガン妃、エリザベス女王らとの電話会談に参加せず ヘンリー王子はまもなくカナダで家族と合流か

「高位王族からの引退」を望むヘンリー王子・メーガン妃夫妻の今後をめぐり、現地時間13日にエリザベス女王を交えた家族会議が開かれた。しかしその大事な話し合いの場に、メーガン妃が参加していなかったことが明らかになった。

ヘンリー王子・メーガン妃夫妻の今後について話し合うため現地時間13日、ノーフォーク州サンドリンガムのエリザベス女王別邸にチャールズ皇太子、ウィリアム王子、ヘンリー王子、そしてそれぞれの個人秘書らが招集された。愛息アーチーくんとカナダに滞在中のメーガン妃は当初「電話でこのミーティングに参加予定」と伝えられていたが、のちに妃がこの“サンドリンガム会談”には参加していなかったことが分かった。

『The Sun』の王室記者エミリー・アンドリュースさんの現地時間14日のツイートによれば、ヘンリー王子・メーガン妃夫妻は“サンドリンガム会談”への妃の電話参加は「必要なし」と判断したとのこと。

『Vanity Fair』では、エリザベス女王やチャールズ皇太子、ウィリアム王子は「このミーティングで2人が引退を再度考え直してくれることを望んでいた」と関係者の証言を伝えているが、どうやら夫妻の腹はとっくに決まっていたようだ。メーガン妃がミーティングに参加しようがしまいが、2人は最後まで自分達の考えを曲げるつもりはなかった―ということらしい。

結局、エリザベス女王はメーガン妃不参加で行われたこの“サンドリンガム会談”ののち、

「私達は彼らが引き続きロイヤルファミリーの一員としてフルタイムで公務に従事することを望んでいましたが、今後は大切なロイヤルファミリーの一員であるとともに、家族としてより自立した生活を送りたいという彼らの希望を尊重、そして理解した次第です。」

と声明を発表。高位王族という立場から離れ、新たな人生を築いていきたいというヘンリー王子・メーガン妃夫妻の希望を全面的にサポートしていくことを明かしている。

夫妻と親しい人物は、ロイヤルファミリーという特殊な“ストラクチャー”やライフスタイルにメーガン妃がどうしても馴染むことができず、次第にエスカレートするメディアの報道も相俟って「王室と距離を置きたいと願うようになった」と話しており、

「エリザベス女王らは、王室での夫妻の役割がいかに重要か、そして家族が2人をどれだけ大切に思っているかを伝えることで、考えを改めてくれればと望んでいたようですが…。」

「誰だって、こんな風に家族がバラバラになってしまうのは見たくありませんよ。しかしメーガンとハリーは、高位王族からの引退や経済的自立、そして新たなプロジェクトの立ち上げなど、誰に何を言われようともこれらを必ず敢行する心構えだったようです。」

と同メディアに述べている。

ヘンリー王子は現地時間16日にバッキンガム宮殿にて行われる、来年秋開催予定のラグビーリーグ・ワールドカップ2021(RLWC2021)の抽選会に出席するため英国にとどまっているが、今週末にも再びカナダに向かい「メーガン妃やアーチーくんと合流するのではないか?」と伝えられている。また王室公式ホームページのカレンダーはヘンリー王子・メーガン妃ともに今後公務の予定は入っておらず、次に2人が英国で揃って公の場に姿を見せる日がいつになるのかも明らかになっていない。

画像は『The Duke and Duchess of Sussex 2019年9月21日付Instagram「Just over one week ago, The Duchess of Sussex announced the launch of #TheSmartSet, an initiative to support the women of @SmartWorksCharity.」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 c.emma)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ