視聴者の即ツッコミで「シンソウ坂上」が赤っ恥をかいた「5Gの勘違い」!

アサ芸プラス

2020/1/15 09:58


 不思議に思った視聴者も多いのではなかろうか。1月9日に放送された坂上忍がMCの「直撃!シンソウ坂上」(フジテレビ系)で、Wi-Fiの「5GHz帯」のことを第5世代移動通信システム「5G」と勘違いして放映する一幕があり、ネット上では総ツッコミが巻き起こっている。

「番組では、女優の相楽晴子がハワイ島で電気も水も自給自足の“オフグリッド生活”をする姿を放送したのですが、その中でスタッフが通信手段について尋ねたところ、相楽は『電話の電波が届かないので5Gのケーブルが来てます』と説明。すると、番組は5Gのスゴさとして『2時間の映画も3秒でダウンロード』と紹介し、さらに“Wi-Fi 2.4GHz”と“Wi-Fi5GHz”と表示のあるWi-Fiルーターをデカデカと映し出しながら、『日本でも導入予定の5G』とテロップ入りで解説してしまったのです」(テレビウオッチャー)

これにSNS上では即座に、〈Wi-Fiルーターに書いてある5Gは移動通信システムの5Gではなく5GHz帯のこと〉〈オフグリッドとか言ってる割にずいぶん進んでると思いきや…〉〈テレビの制作スタッフが5Gのことも知らないとはマジで衝撃的〉などツッコミが殺到したのだ。

「今回の番組で相楽さんが使っていたのはWi-Fiの周波数帯2.4GHzと5GHzを使用するルーターであって、番組が説明した日本導入予定の第5世代移動通信システム5Gとはまったくの別物。そもそも、電話の電波が届いていないのであれば5Gも利用できませんしね。おそらく相楽も勘違いしていたのだと思いますが、それにスタッフが気づかないのも正直驚きです。今どきネットを使っているなら子供でも知っていることですよ」(ITジャーナリスト)

番組が思わぬところで赤っ恥をかいた。

当記事はアサ芸プラスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ