木村拓哉、2020年マクドナルドCMに出演! アドリブ連発で本人も大笑い


俳優の木村拓哉が、2020年のマクドナルドのテレビCMに年間を通して登場することが14日、明らかになった。

CMでは、おいしさ・お得さ・お手軽さ、そして店舗体験を通して「いいじゃんマック」と感じる瞬間を、木村の表情や言葉にのせて届ける。1月15日より「ちょいマック登場『迷う』篇」、1月22日より「ちょいマック登場『言い訳』篇」、1月17日より「プレミアムローストコーヒー『葛藤する男』篇」が全国(一部地域を除く)で放送される。

「ちょいマック登場『迷う』篇」は、気軽に楽しめる商品「ちょいマック」シリーズの豊富なメニューを目にして迷う木村が、結局選べずにいろいろな『ちょいマック』シリーズを購入し、「いいじゃんマック」とうれしそうな表情をするという内容。「ちょいマック登場『言い訳』篇」では、「ちょいマック」を複数購入して車に戻った木村に、後輩が「ご飯食べましたよね?」とツッコむも、木村は「ちょいマックだから」と言い切る。

そして、「プレミアムローストコーヒー『葛藤する男』篇」は、お店で「マックってコーヒーだけって注文ありなのかな・・・」と葛藤する木村の心を理解したかのように、店員が「コーヒーだけでも大丈夫です」と話しかけ、「いいじゃん、マック」と木村の表情がほころぶという内容になっている。

『迷う』篇の撮影では、「ちょいマック」を買いに行くシーンで、テーブル席で立ち上がる場面のみの撮影であったにもかかわらず、木村はそのまま店舗カウンターまで足早に歩き、「すみません!」と演技を継続。カメラに映らない場所でもワンシーンを演じ切る役者魂でスタジオの空気を盛り上げた。

また、『言い訳』篇の撮影では、カメラを回すたびに異なるアドリブを見せ、「ちょいマック」の発音を真剣な表情で後輩役の役者に指導するなどユニークな演技を連発。スタッフはカメラが止まるまで必死で笑いをこらえていたが、「リピートアフターミー。『ちょいマック』!」とテンション高めのアドリブを披露すると、さすがに自身でも面白かったようで「ははは!」と大笑い。車内シーンは終始、和気あいあいとした雰囲気で撮影が行われた。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ