【植松晃士】その服、何年着てるの? アレの劣化が「オバ見え」のもと!

OTONA SALONE

2020/1/14 21:00



みなさん、こんにちは。植松晃士です。2020年を迎えて、初めてのファッション編をお送りしたいと思います。

洋服だってエイジング対策を!


年末年始、セールでお買い物はしましたか? 最近は、積極的にお買い物をしない人が多いんですよねぇ。でもね、自分の姿を鏡でチェックしてみて。お肌のハリ・ツヤがなくなって、しわやたるみが目立つでしょ。

なのに、5年くらい前からずーっと同じお洋服ってどうなの? お洋服の繊維が劣化して、ご自分自身の劣化と相まって目も当てられなくない? それがオバさん見えのもと。

せめてお洋服くらいはエイジング対策して。刺激的な日々を送っていないと世界は広がりません。そうでなくても半分隠居ムードになっちゃってるだから、新しいお洋服を常に着ることで全身劣化をごまかさなくちゃ!(苦笑)

「余計なお世話」「このままでもいい」と思っている方はここでストップ。ちょっとでも世界を広げたいという方は読み進めてくださいね。

いま、40代女性が買うべきは!


新しいお洋服といっても、何を買ったらいいの?と思いますよね。

ずばり、白いお洋服です。特にトップスに白を持ってくればレフ版効果で、顔色も明るくクリアに見えます。また、清潔感、上品さも醸し出せます。抵抗あるなら、ボトムに白もあり。ダークなモノトーンの中、白1点で映えること間違いなし。まわりの地味女達が勝手に引き立ててくれますから。

白?!と思っているあなた。女子受けするお洋服に振り回されないで。そこから脱却するの! 同性より異性の目を意識して。モテだけじゃなく、異性に品を感じさせることも大事。40代以上にもなってくると女性らしさが薄れてくるから、フェミニンさをトッピングしましょう。

女子受けファッションとしては、ロングスカートやワイドパンツなんかが筆頭。丈が長いと足の形を見せてなくてすむからいいんでしょうけど、身長が低いとただのスケバンだから。そんな時はピンヒールを履く。大ぶりのイヤリングをつける。ジャケットを羽織る。といったひと工夫を。

それから、白いものを買ってとはいったけど、白い靴だとマジシャンみたいに見えちゃうこともあるし、白いバッグは派手になりがちなので気をつけて。トップスのニットやインナーもVネックは老けて見えるし、キャリアっぽく見えるので、肌見せが少ないクルーネックがおすすめ。

何かをまるごと真似るのもキケン!


また、ファッション誌をまるごと真似るのもリスク大。

あれは背が高くて美しいモデルさんだし、照明がうまく当たってるし、ヘアメイクも完璧だから成立するんです。だまされちゃダメ。よくよくご自分を観察してからコーディネートしましょう。雑誌はあくまでも流行を知るための道具。そう思って見るのが無難です。

大人の女性としては、流行も大切ですが、どこかで品よく見えるようなコンサバ感は気にして。40代以上は品質勝負。何処に出ても恥ずかしくないファッションを心掛けるといいと思います。

新年早々いろいろとダメ出しいたしましたが、一年の計は元旦にあり。いいスタートを切りたいものですね。さっそくお買い物に出かけましょ!

では、また次回お会いしましょう♪

当記事はOTONA SALONEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ