富田望生が新成人迎え「母と2人で頑張ってきた」 母親からの手紙に「号泣した」の声続々

今年1月13日の「成人の日」に新成人を迎えた女優・富田望生が、当日の情報番組に振り袖姿で生出演した。そのなかで母親からの手紙が紹介されたが、その内容に心を揺さぶられた視聴者が少なくないようだ。富田の父親は富田が生まれる前に亡くなっており、母娘2人で頑張ってきたそうで「お母様のお手紙聞いて感動して自分の母親と泣きました」「お母様のお手紙の所で号泣してしまった」などの感想が見受けられる。

富田望生は、成人の日当日に『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)に生出演。黒を基調とした振り袖姿で登場し「(新成人の)実感がすごくあるわけではないですけど、変わらず、おごらず、皆さんからいただくものを自分の糧にして頑張っていきたい」と笑顔で新成人としての抱負を語った。

番組では新成人を迎えた富田に宛てた母親からの手紙が代読された。「望生が生まれてもうすぐ20年です。ママは望生と一緒に母として成長する毎日でした」と書き出された手紙では、「2000年2月25日、パパが天国に帰った日から5か月後の月命日、パパにそっくりな望生に逢えたことが人生一番の喜びです。生まれてきてくれてありがとう!!」と赤ちゃんの頃の富田の写真とともにメッセージが読まれると、富田は顔を両手で覆った。そして小さい頃にピアノを弾いたときや、母親が子供の頃に着たワンピースを富田が着用し、母親はウェディングドレスを着て写真を撮ったエピソードが披露され、「19年間、辛く苦しい涙も笑って嬉しい涙もいっぱいあって、楽しかったね!!」「『望んで生きる』望生は望生の生き方で、1分前までの過去を楽しんで、今から始まる未来を楽しんでいってね!! 成人おめでとうございます」と結ばれた。これに富田は「嬉しかったですね。父が(私が)生まれる前に亡くなっておりまして、母と2人で頑張ってきたので、これからも支え合いながら生きていきたいなと思います」と話すとスタジオで拍手が起こった。

この手紙にスタジオの村上知子(森三中)がボロボロと涙を流していたが、それは視聴者も同様だったようで、ネット上では「お母様のお手紙聞いて感動して自分の母親と泣きました」「お母様のお手紙の所で号泣してしまった お母様は女手一つで望生ちゃんを育て上げて本当に素晴らしいです」「お母様のお手紙に、私も大号泣 素敵な成人の日になりましたね」と一緒に泣いた人が相次いだ。また「子供生まれる前に旦那さん亡くして成人まで育てたお母さん……望生ちゃんめちゃくちゃ良い子そうやし余計泣ける」「お父さんが亡くなった月命日に生まれたんだね。お母さんにとって本当に宝物のような子だろうな」「そんな過去を感じさせない明るさが素敵だよねぇ」といった声も見受けられる。

番組内で富田は「(今日は)母が私より先に仕事で出たんですけど、朝日を撮って写真で送ってくれて『素敵な一日にしてね』って」と今朝の出来事を披露すると、共演者たちが「いい話」「素晴らしい」と沸き、MCの南原清隆もあまりにも素敵なエピソードに「もうエンディングでいいかな」と口にした。2019年は日本テレビ系連続ドラマ『3年A組-今から皆さんは、人質です-』『NHK連続テレビ小説 なつぞら』、今年は1月に二夜連続放送された『教場』と話題作への出演が続く富田望生。ヒロインを務めた連続ドラマ『ブスの瞳に恋してる 2019~The Voice~』の地上波放送も13日にスタートした。娘の活躍ぶりに喜ぶ母親の顔が見えるようだ。

画像2、3枚目は『富田望生 2020年1月13日付Twitter「#ヒルナンデス」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 関原りあん)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ