金子大地、『恋はつづくよどこまでも』で上白石萌音に影響を与える患者役に

クランクイン!

2020/1/14 06:00

 女優の上白石萌音が主演を務め、俳優の佐藤健と初共演するドラマ『恋はつづくよどこまでも』(TBS系/毎週火曜22時)に、俳優の金子大地が出演することが決定した。

円城寺マキによる同名漫画をドラマ化する本作は、超ドSのドクターへの一目ぼれがきっかけでナースとなった主人公が、無謀ながら真っすぐに思いを伝え続ける、医療×愛×冒険の物語。上白石、佐藤のほか、香里奈、毎熊克哉、渡邊圭祐、山本耕史、吉川愛、堀田真由、平岩紙、お笑いコンビ・ミキの昴生らが顔をそろえる。

ある日、偶然起きた出来事で運命の男性となる医師と出会った主人公・佐倉七瀬(上白石)は、彼に会いたい一心で猛勉強の末、ナースになる。だが、5年越しに再会した憧れのドクター・天堂浬(佐藤)は七瀬が思い描いていた人物とはまるで別人。超ドSな天堂に憤慨しつつも、七瀬は根性で困難に食らいついていく。「魔王」天堂に思いを伝え続けるその姿は病院内で一躍有名となり、先輩たちから「勇者ちゃん」と呼ばれるように。そんな真っすぐな姿に、徐々に天堂の鉄の心が溶かされていく…!?

そんな本作に出演することが決まったのが、2015年に俳優デビューして以降、話題のドラマや映画に途切れることなく出演し、その繊細な演技で今年ブレイク必至の金子だ。今回金子が演じるのは、急な不整脈のため日浦総合病院の循環器内科に入院してきた患者・神田光喜役。病で苦しみながらも、七瀬に影響され明るく前向きに命と向き合う。そして七瀬にとっても、看護師として成長するターニングポイントとなる存在だ。

金子は、「このドラマは一見ポップに見えると思うのですが、七瀬が医療の現場で人の命を通して日々成長していくところも見どころなので、七瀬の成長の良いきっかけになればいいなと思って演じています」と本作への思いを語った。

金子大地が出演する、火曜ドラマ『恋はつづくよどこまでも』はTBS系にて今夜1月14日より毎週火曜22時放送(初回15分拡大)。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ