金子大地「恋はつづくよどこまでも」出演決定 先輩・佐藤健との共演に喜び

モデルプレス

2020/1/14 06:00

【モデルプレス=2020/01/14】俳優の金子大地が、TBS系火曜ドラマ『恋はつづくよどこまでも』(毎週火曜よる10時~)に出演することが発表された。

◆金子大地「恋はつづくよどこまでも」出演



同作は、生と死が隣り合わせにある病院を舞台に、超ドSドクターに一目ぼれをしたことでナースとなった主人公の恋と成長を描く、胸キュンラブストーリー。偶然の出来事で運命の男性となるドクターと出会った主人公の新米ナース・佐倉七瀬を上白石萌音が、そして七瀬が一目ぼれをした超ドSドクター・天堂浬を佐藤健が演じる。

金子の役どころは、七瀬と天堂が勤める日浦総合病院の入院患者・神田光喜。病で苦しみながらも、七瀬に影響され明るく前向きに命と向き合い、そして七瀬にとっても、看護師として成長するターニングポイントとなる存在である。

◆金子大地、先輩・佐藤健は「とてもかっこいい」



金子は「このドラマは一見ポップに見えると思うのですが、七瀬が医療の現場で人の命を通して日々成長していくところも見どころなので、七瀬の成長の良いきっかけになればいいなと思って演じています」とドラマへの思いを告白。

また、佐藤は事務所の先輩にあたり、「この作品で初めてきちんとご挨拶させていただきました。小さいころから(テレビで)見ていた方でもありますし、今は先輩としてとても尊敬しているので、共演できてうれしかったです。今作の天堂というストイックなドクター役がすごくハマっていて、とてもかっこいいです」と語っている。(modelpress編集部)

■金子大地コメント



今回僕が演じる神田光喜は、七瀬が新米看護師になって一番初めに関わる患者として、七瀬のターニングポイントとなるようなとても重要な役どころです。入院患者の役ですが、同じ患者さんたちや七瀬と話すときは、とにかく明るく演じようと心がけました。

事務所の先輩の佐藤健さんとは、この作品で初めてきちんとご挨拶させていただきました。小さいころから(テレビで)見ていた方でもありますし、今は先輩としてとても尊敬しているので、共演できてうれしかったです。今作の天堂というストイックなドクター役がすごくハマっていて、とてもかっこいいです。

このドラマは一見ポップに見えると思うのですが、七瀬が医療の現場で人の命を通して日々成長していくところも見どころなので、七瀬の成長の良いきっかけになればいいなと思って演じています。

【Not Sponsored 記事】

当記事はモデルプレスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ