プロ野球今オフ5大どうでもいいニュース「ヤクルト編」

Nicheee!

プロ野球今オフ5大どうでもいいニュース「ヤクルト編」
プロ野球ファンとしては開幕が待ちきれないオフシーズン。退屈なオフをなんとか乗り切るため…スポーツニュースを読み漁る日々が続いている。
そんな中で見つけたプロ野球のめちゃめちゃどうでもいいニュース各球団ごとに紹介。3回目の今回は奥川恭伸選手の入団で大注目の東京ヤクルトスワローズのどうでもいいニュースをお届け!

images

山田哲人選手、ボートレースファンであることを明かす。


山田選手がボートレーサーの桐生順平選手と対談。ボートレース好きであることを初めて公言し、ボートレース場に行き、生観戦するのが好きだと語った。桐生選手についても「3号艇と5号艇の時に来てくれる」とボートレース通ぶりを発揮した。
(2019年12月12日「サンスポ」)

つば九郎、有馬記念で馬券を外す。


2019年12月22日に開催された「ドアラ・つば九郎クリスマスディナーショー」。そこで有馬記念の予想を的中させたドアラが「しっかりかせぎます」と張り切ると、つば九郎が「あ~ありまきねん」と馬券ゲット失敗をほのめかした。
(2019年12月22日「日刊スポーツ」)

つば九郎、契約更改が越年。


2019年12月24日の山田哲人選手を最後に、選手全員の契約を済ませたヤクルトだが、マスコットのつば九郎の契約更改はまさかの越年。つば九郎は「ただいま ぱとろーるちゅう いのししをたいじしだいけいやくいたしますので えつねんします」とのこと。
2019年の契約は年俸2万5000円とヤクルトなどの飲み放題。つば九郎の契約更改が越年するのは2回目で、前回はヤクルトがリーグ優勝した2015年だった。
(2019年12月25日「毎日新聞」)

神宮球場、2月中に照明をLED化。


ヤクルトの本拠地・神宮球場では照明のLED化が進められている。2月中には6基ある照明塔すべてで付け替えが完了する予定。LED照明は省エネでコスト削減にもつながるため、以前から導入が検討されていたという。
(2020年1月5日「日刊スポーツ」)

青木宣親選手、誕生日にオリジナルパーカーをもらう。


青木選手の38歳の誕生日を祝う会が行われ、上田剛史選手や村上宗隆選手らが出席した。プレゼントはデフォルメされた青木選手のイラストが描かれたオリジナルパーカーだった。

1

(2020年1月5日「Full-Count」)

(Written by 大井川鉄朗)

当記事はNicheee!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ