『シロクロ』初回 横浜流星の父親役で田中圭登場にネット歓喜「バディが親子に」

クランクイン!

2020/1/13 11:25

 俳優の横浜流星と女優の清野菜名がダブル主演を務めるドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』(読売テレビ・日本テレビ系/毎週日曜22時30分)の第1話が12日に放送され、俳優の田中圭が横浜ふんする主人公の父親役で登場すると「びっくりした!!」「あな番じゃん!」「バディが親子に」などの声がネット上に相次いだ。(以下、ネタバレを含みます。ご了承の上、お読みください)

本作は、驚異的な身体能力を持つ川田レン/ミスパンダ(清野)と、“飼育員さん”として彼女を操る大学生・森島直輝(横浜)が警察やマスコミも触れない世の中のグレーな事件にシロクロつけていく姿を描く。

第1話の終盤、ミスパンダと共に事件を解決した直輝はパソコンの前で物思いにふけりながらパンダのぬいぐるみを手に取る。すると回想シーンになり直輝の幼少期が描かれる。幼い彼を「直輝!」と呼ぶのは、彼の父親で刑事の哲也。そこでカメラが哲也の姿を捉えると、画面に哲也を演じる田中の姿が映し出される。

田中が“友情出演”として登場すると「田中圭出てきたぁ!」「びっくりした!!」「まさか過ぎて思わず吹いてしまった」などの声がネット上に多数寄せられた。

本作で主演を務める横浜と田中は、2019年に放送された『あなたの番です - 反撃編 - 』(日本テレビ系)で共演。『あなたの番です~』では、田中演じる主人公・手塚翔太と横浜ふんする大学生の二階堂がマンションの内外で頻発する殺人事件の謎を追う姿が描かれてきた。また翔太と二階堂によるバディも話題となり、翔太が二階堂につけたニックネーム“どーやん”は視聴者の間にも浸透した。

『あなたの番です~』で横浜の相棒を演じた田中の登場に対して、ネット上には「あな番じゃん!コレ!」「翔太くんとどーやん!!」「バディが親子になった」といった投稿も集まっていた。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ