安達祐実“メーク動画”に激怒のタメ息…「何一つ参考にならなかった」

まいじつ

2020/1/13 11:02

安達祐実 
(C)まいじつ 

美容雑誌『VOCE』のYouTubeチャンネルに日々アップされている〝メーク動画〟。再生数は数千~数万のものが多いが、〝ある動画〟は438万再生と、2位に100万近い差をつけるケタ違いの再生数を誇っている。

その動画は、女優・安達祐実が出演する〝セルフメーク〟動画。アップロードされたのは昨年9月で、本誌の登場に連動して動画出演する形となっている。

動画内の安達はすっぴんで登場し、照れ笑いを浮かべながら「今日は私の普段のスキンケアとか、メークをやってみたいと思います」とメークの様子を公開。順を追って実践しながらリポートし、愛用しているコスメグッズも併せて紹介していった。



女優のメーク術や愛用コスメ紹介というだけでも、世の女性にとってはかなり参考になるもの。さらに、安達は子役時代の幼さを今も残している〝奇跡の38歳〟のため、公開によって多くの女性が自身のメーク術を見直すことに……なるはずだったのだが――。

「同情するなら顔をくれ!」とツッコミの嵐


安達といえば、40歳を間近に控えているとは思えないほどの〝超童顔〟で知られ、代表作『家なき子』(日本テレビ系)シリーズの面影を今でも残している〝合法ロリ〟の女優。そう、そもそもの生まれ持った顔面ポテンシャルが一般人と大きく異なるため、動画のコメント欄は、

《えっ? もうメークの何もかもが終わったかのような美しさから始まったんですけど、すっぴんなんですか?》
《この顔面だったら化粧しないわ》
《おいしい料理を作りたいと思います! まず高級黒毛和牛を用意します こんな感じよな》
《スタートが既に私のフルメークよりかわいくて何一つ参考にならなかった》
《参考にしたら薄化粧のブスが完成しました! ありがとうございました!》
《参考にならないメーク動画YouTube史上No.1に認定されました!》
《私がどれだけ化粧してオシャレして写真を加工しようともすっぴんでTシャツ部屋着の安達祐実の方がかわいいという紛れもない事実に殺された》
《もとの顔がちげんだよ。。同情するなら顔をくれ》

など、微笑ましいツッコミの嵐となってしまった。

「2018年、安達は『警視庁・捜査一課長season3』(テレビ朝日系)の回想シーンでセーラー服を着用したのですが、これが『本物のJKに見える』『違和感なさ過ぎ!』などと大好評。その前年には、パーソナルマガジン『home』の裏表紙で『家なき子』を再現した衣装を披露し、『当時撮影した写真かと思った』『今撮ったものとは思えない』など、このときも読者を驚かせています。アラフォーでも小学生に見えるほどレベルが高いのですから、『メークが参考にならない!』とツッコまれても仕方ありませんね(笑)」(芸能ライター)

製薬会社が安達のDNAを検査すれば〝不老不死〟の新物質が見つかるかも!?

当記事はまいじつの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ