山口真帆、ドラマ初出演に反響 「シロクロ」でセクハラ告発する整形美女役熱演

モデルプレス

2020/1/12 23:49

【モデルプレス=2020/01/12】女優の清野菜名と俳優の横浜流星がW主演を務める日本テレビ系新日曜ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」(毎週日曜22時30分~)が12日より放送スタート。女優の山口真帆が第1話にゲスト出演し、反響を呼んでいる。

◆清野菜名&横浜流星W主演「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」



同作は、驚異的な身体能力を持つ謎の女「ミスパンダ」の顔を持つ囲碁棋士・川田レン(清野)と、ミスパンダを操る「飼育員さん」であり、大学で精神医学を学ぶ一方「メンタリストN」としてメディアにも出演する森島直輝(横浜)が“最凶バディ”を組んで、警察やマスコミが触れない“隠れた真相”を暴く物語。

第1話は、和田正人演じる江本達郎が社長をつとめるIT会社でのセクハラ・パワハラなどのグレーな部分に、ミスパンダが切り込んでいくストーリー。山口は、そのIT会社につとめる女性社員・愛菜を演じた。

死ぬ前に顔を包帯で巻いた姿で語る動画がネットで拡散され、自分の容姿を苦にしての自殺と見られた愛菜だが、実は整形をして美しい顔(山口)に。江本のゆがんだ愛によるパワハラとセクハラに苦しんでいた愛菜は告発動画をネットにアップすると江本に迫り、逆上した江本が彼女を殴り、もみ合ううちに愛菜はビルの窓から転落してしまった…という真相だった。

◆山口真帆、ドラマデビューに反響



動画でパワハラ・セクハラを必死に告発し、江本から殴られた自分の顔に悲鳴を上げるなど迫真の演技を披露した山口。

今回がドラマ初出演となり、「まほほん美しい!」「圧倒的美人」「泣きそうになった」「いきなり難しい役をよく演じきった」「女優デビュー感動」などネット上で大きな反響が寄せられていた。(modelpress編集部)

情報:日本テレビ

【Not Sponsored 記事】

当記事はモデルプレスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ