佐藤健が『恋つづ』で上白石萌音『ぎぼむす』で上白石萌歌と共演 姉妹を相手に別キャラの振り幅に期待

上白石萌音が主演を務め、佐藤健と初共演するTBS系火曜ドラマ『恋はつづくよどこまでも』が1月14日よりスタートする。佐藤健と言えば2018年7月期に放送された火曜ドラマ『義母と娘のブルース』でベーカリー麦田の店長・麦田章役を演じており、主人公の義母・亜希子(綾瀬はるか)の娘・みゆき役を務めた上白石萌歌に続き、『恋つづ』では姉の上白石萌音と共演するわけである。

折しも2020年1月2日に放送された『義母と娘のブルース 2020年謹賀新年スペシャル』では序盤にみゆきが一人暮らしするアパートを訪れた亜希子が、裸で赤ちゃんを抱っこする麦田を目撃するショッキングなシーンがあった。亜希子はみゆきが生んだ子どもだと思い込むものの、やがて誤解だと分かる。その場面では麦田のコミカルな表情や仕草を佐藤が好演した。

2018年に連ドラ『ぎぼむす』が放送された同時期、NHK連続テレビ小説『半分、青い。』でヒロイン・鈴愛(永野芽郁)の幼なじみ・律役を佐藤健が演じた。優秀だが何を考えているかとらえどころのない律と、おバカでお調子者だが真っ直ぐな麦田というキャラクターのギャップが話題になったものだ。

『恋つづ』は、舞台となる日浦総合病院の医師・天堂浬(佐藤健)に一目惚れした高校生の佐倉七瀬(上白石萌音)が看護師を目指し、5年後に天堂と再会してからを描くラブコメディーである。新米看護師の佐倉に厳しい「ドSキャラ」という設定の天堂役を佐藤健がどう演じるか見どころの一つだろう。

『ぎぼむす』で上白石萌歌演じるみゆきと意気投合するノリの良い麦田役を演じた佐藤健が、『恋つづ』では「魔王」と呼ばれる医師・天堂役で姉の上白石萌音が演じる佐倉七瀬にどこまで“ドSっぷり”を見せるのか、イメージが真逆なキャラクターの振り幅に期待したい。

Twitter上では『恋つづ』について「佐藤健と渡邊圭祐出てるって実質仮面ライダーじゃないか!!」と反響があれば、他にも彼の出演作に対して「佐藤健と永野芽郁が朝ドラ出てた時は見てて面白かったんだけどここんとこ見てられない」、「ドコモのCMの佐藤健さんかっこ良すぎでは?」、「るろうに剣心の佐藤健がすき」など様々な声が見受けられた。

これまでNHK大河ドラマ『龍馬伝』で岡田以蔵を演じ、映画『亜人』、『億男』など数々の作品に出演している佐藤健。どのような役柄にも成りきって見る者を引き込む演技力が大きな魅力となっているようだ。

画像2~4枚目は『【公式】火曜ドラマ「恋はつづくよどこまでも」 2020年1月5日付Instagram「今日の#魔王 は#デレキュン です。」』『【公式】『義母と娘のブルース 2020年謹賀新年スペシャル』亜希子さんが帰ってくる 2020年1月1日付Twitter「今夜6時から放送の『関口宏の東京フレンドパーク』に #ぎぼむす から #綾瀬はるか さん #上白石萌歌 さんが参戦」「皆さま、年が明けました」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ