松坂桃李「実家のような安心感」TOKIOカケル告知なし出演

※画像は、フジテレビ公式Twitter より

 

1月8日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に、俳優の松坂桃李が年末年始恒例のゲストとして出演し、今年は何と「告知なし」で参加し番組に対する想いを語りTOKIOらと和気あいあいとする場面が見られた。

 

松坂桃李の心意気にTOKIO大喜び

 

2020年、1発目のゲストとして登場した松坂。進行役の国分太一が「毎年恒例になってるんですよ。年末年始に必ず桃李君が来てくれるようになり、そして結果も出てるんですよ。毎回高視聴率!」と力説。すると長瀬智也が「なぜなら『TOKIOカケル』に出ている時の桃李君は輝いてるからなんですよ」と視聴率アップの理由が松坂にあるといい、城島茂も「いつもと違う感じでね」と同調、長瀬も「それが一番の理由です」と松坂を歓迎した。

 

これに松坂は「ホントですか?なんか年内の収録最後だからとりあえず締めに松坂呼んどけみたいな」と笑うと、「いやいやいや!違うの!」と全力否定のTOKIO。そして疑う松坂に松岡昌宏が「だったら3本撮りなんかで呼ばないよ!」と松坂に対し3つのコーナーが用意されるという豪華な構成であることをアピールした。

 

ここで国分が「ただね、桃李君も桃李君で、すっごい嬉しいことしてくれてんのよ」と言うと「どんなこと?」とメンバー。これに国分は「告知なしです」と、松坂が『年末年始だから』と宣伝もないのに来てくれたのだと明かした。これに思わず椅子から立ち上がる松岡。城島は「え!?平場で来てるってこと!?」と驚き、長瀬は「最高!最高だよ!」と大喜び。スタジオ中に拍手喝采が沸き、TOKIOをはじめスタッフらも松坂を大絶賛すると、松坂は「今日そうなんです」と照れ臭そうに笑った。

 

これに国分が「だから桃李君の中でもこの番組ハマってるってことでしょ?」と尋ねると、松坂は「そうですね。何かもう年々、実家のような安心感がある」とニッコリとし、TOKIOのメンバーと和気あいあいのスタートとなった。

 

(めるも編集部)

 

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ