2020年Netflixドラマの注目株 新シリーズ『ロック&キー』予告編

ガジェット通信

2020/1/10 16:00



Netflixより新作オリジナルシリーズ『ロック&キー』(2月7日より独占配信)の予告編が解禁されました。

ホラー界の巨匠スティーヴン・キングを父に持つ、人気小説家ジョー・ヒルのグラフィック・ノベルを原作としたダークファンタジーです。

Netflixオリジナルシリーズ『ロック&キー』予告編(YouTube)

http://youtu.be/Etqm-HXlfL0

父親が惨殺されたことをきっかけに、田舎町の屋敷に移り住んだロック家の長男タイラー(コナー・ジェサップ)、長女キンジー(エミリア・ジョーンズ)、末っ子のボード(ジャクソン・ロバート・スコット)と、彼らの母ニーナ(ダービー・スタンチフィールド)。その屋敷には幾つもの“魔法の鍵”が隠されていることを知った子どもたちは、不思議な鍵屋敷“キーハウス”を巡って父の死の真相に迫る、危険でミステリアスな冒険に巻き込まれていくことに……。

過去にはスティーヴン・スピルバーグも映像化を希望した人気の原作を、大ヒットドラマ『LOST』のプロデューサーや、原作者のジョー・ヒル自らが製作総指揮を務めて映像化。早くも第二の『ストレンジャー・シングス』になるとの呼び声も高く、予告編からはどことなく『ハリーポッター』シリーズや『IT』シリーズを彷彿させる雰囲気が感じられます。



末っ子ボード役のジャクソン・ロバート・スコットは、『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』で主人公の弟役を演じてた少年ですね。ハーイ、ジョージィ! 長女キンジー役のエミリア・ジョーンズはエマ・ワトソン的な雰囲気もある正統派の英国美女でブレイク間違いナシですな。

鍵が子どもたちにもたらす不思議な力、誘われる幻想的で危険な世界、そして忍び寄る邪悪な影……。果たして子どもたちに待ち受ける運命とは!?



Netflixオリジナルシリーズ『ロック&キー』

2月7日(金)より独占配信開始

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

当記事はガジェット通信の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ