佐野和真&太田基裕と合コン!山本美月演じるゆいかはイケメンの恐怖体験に興味津々で…『ランチ合コン探偵』第1話

山本美月が主演を務める木曜ドラマF『ランチ合コン探偵~恋とグルメと謎解きと~』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜23:59~※一部地域を除く)が、1月9日にスタートする。

ランチタイムを利用して恋人を見つけることを目的とする“ランチ合コン”を舞台に、謎解きが大好きなヒロイン・天野ゆいか(山本)が、合コン相手にまつわる謎を解き明かす1話完結の新感覚ミステリードラマ。原作は、水生大海の「ランチ探偵」シリーズ(実業之日本社文庫)。トリンドル玲奈、瀬戸利樹、木村祐一が共演に名を連ね、毎話合コン相手ゲストが登場する。

<第1話あらすじ>
住宅会社・大仏ホームの経理部に、中途採用のゆいか(山本)が入ることになった。彼女は、経理の経験はないと言いながら、すぐに圧倒的な事務処理能力を発揮する。彼女の経歴は謎で、経理部長の亀田(木村)も知らなかった。営業部のエース社員・桜井(瀬戸)は、一風変わった雰囲気を漂わせるゆいかが気になり始める。

経理部の麗子(トリンドル)は、恋人から“好きな人ができたから別れてほしい”というメッセージを送りつけられ、一方的にフラれてしまう。その日の夕方、麗子は、ゆいかから「その男性とは別れた方がいいです」と言われる。フラれたことは誰にも言っていないはずなのになぜ、ゆいかが知っているのかと、不審に思う麗子。

麗子は新しい恋を見つけるため、ランチタイムを出会いの場にする“ランチ合コン”を計画。彼女は、周りの女性社員にも参加してほしいと頼むが、断られてしまう。そんな麗子に、ゆいかが「私が行ってもいいですよ」と声をかけてくる。他に行ってくれそうな人も見つからないため、麗子は仕方なく、ゆいかとランチ合コンをすることに。

数日後のランチタイム。麗子はゆいかを連れて、合コン場所のレストランへ向かった。合コン相手は、麗子がSNSでつながっている商社マン・築山(佐野和真)と、彼の後輩・早坂(太田基裕)。2人ともイケメンで、麗子のテンションは上昇。一方、ゆいかは、黙々と食事に集中する。

築山と早坂は、会社が借り上げた同じマンションに住んでいた。しかし、早坂は、あるトラブルが原因で引っ越しを考えていると語る。その話を聞いたゆいかは身を乗り出し、詳しい事情を聞き出そうとする。早坂いわく、帰宅すると、誰もいないはずの部屋に妙な気配を感じる。家にいると、女性の声で「ごめんなさい、ごめんなさい」とひたすら謝る電話がかかってくる。早坂は、そうした不気味な出来事に悩まされていた。

早坂が体験した謎を解き明かそうと、のめり込むゆいか。麗子は、すっかり取り残されてしまう。合コンの席はいつの間にか、事件の捜査本部に!? ゆいかは、さらに推理を深め……。

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ