瑛太と木村カエラに離婚危機!? ヒド過ぎる素行…ついにガマンならず?

まいじつ

2020/1/7 19:00

瑛太
(C)まいじつ

1月5日放送の『アッコにおまかせ!』(TBS系)が、2020年に起こると予想されている芸能ニュースをイニシャルで暴露した。

番組は新年の特別企画として、今年にスクープされることが予想されている芸能ニュースを、当事者のイニシャルで暴露。芸能ジャーナリスト・松本佳子氏の証言をもとにパネルを作成し、《〝人気俳優A〟と〝人気アーティストK〟が離婚しそう!?》とクローズアップした。

松本氏によると、Aはプライベートの素行が良くないらしく、妻に内緒で別宅も所有しているとのこと。また、Kもそれに気付いているようで、離婚が一気に進むかもしれないという。

番組は、2人はおしどり夫婦として有名で、Kは結婚式の定番ソングを代表曲に持っているとのヒントを放出。スタジオの勝俣州和が本名を耳打ちで聞くと、「え~!」と大声を上げ、「だってKさんは幸せな歌を…」と驚きを隠しきれない様子だった。

「同夫婦とは、先日『永山瑛太』に改名した俳優の瑛太と歌手の木村カエラのことでしょう。結婚式の定番ソングは『Butterfly』でしょうし、テレビ的なイニシャルですが、『A太』と『Kaera』でヒントとも一致します」(芸能ライター)

カエラが呆れるのも仕方ない〝酒乱クズ男〟


瑛太といえば、17年に自身のツイッターで〝最近よく聴くアーティスト〟にカエラの名を挙げ、《カエラちゃんをちゃんと入れるあたり、愛情ですね》《ちゃんとカエラちゃんが入ってる♡》とファンを沸かせたことがあった。同年11月放送の『チマタの噺』(テレビ東京系)でも「僕は嫁しか見てないです」とコメントし、妻への愛をアピールしていた。一見すると夫婦仲は良好のように見えるが、果たして離婚の可能性はあるのだろうか。



「結論から言うと大アリです、そもそも、これらの話はすべて2年以上も前。当時はどうだったのか分かりませんが、2年もあれば夫婦仲が冷え込むには十分な時間です。瑛太の素行が最悪だというのも事実。18年11月の『週刊新潮』では、恵比寿の会員制ラウンジで関係者と酒を飲んでいたところ、突然大声でキレて怒鳴り散らしていたことが報道されています」(週刊誌記者)

また、瑛太はこれまでも同様の騒ぎを起こし続けており、全く反省の色を見せていないという。

「同年4月、写真週刊誌『FRIDAY』は、同じく恵比寿の会員制ラウンジで瑛太が暴行事件を起こしていたことをスクープ。記事によると、瑛太は『西郷どん』で共演した錦戸亮とコールをしながら一気飲みするなどかなりはしゃいでいたのですが、突然馬乗りになって錦戸に暴行を加えたと報じられています。しかし、このスクープは各局のワイドショーで扱われなかった上、WEBメディアでもナゼか被害者の錦戸が『酒乱トラブル』とたたかれました」(同・記者)

さらに、瑛太はカエラの前でも酔って暴行を加えたなどと、過去に報じられたことがある。

「09年、入籍前の瑛太はカエラと来店したカラオケ店で泥酔し、店員に酒をかけて暴行を加えたことが報じられました。しかし、こちらも事件の重大さに反して各メディアの扱いは小さく、記者会見や謝罪コメントも一切ナシでうやむやに。当時の瑛太は『キリンビール』のCMに出演していたにもかかわらず、何事もなかったかのようにスルーされています」(芸能記者)

どうやら、瑛太の酒癖の悪さは筋金入りのよう。酔った勢いで子どもに暴行を加える危険性もあることを考えると、離婚もやむなしなのかもしれない。

当記事はまいじつの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ