マライア・キャリー、「恋人たちのクリスマス」で打ち立てた史上初の珍記録に反応

Billboard JAPAN

2020/1/7 15:30



2020年1月4日付の米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”で「恋人たちのクリスマス」が通算3週目のNo.1に輝いたことで、1990年代~2020年代すべての年代で首位を獲得した初のアーティストとなったマライア・キャリー。だが、ホリデー・シーズンが終了した翌週の同チャート(1月11日付)で「恋人たちのクリスマス」は、1位から100位圏外に一気ランクダウンするという史上初のチャート・アクションを起こし、マライアはさらなる新記録を打ち立てることとなった。

このある意味、珍しい記録にマライア本人も反応しており、肩をすくめながらいたずらっぽい表情を浮かべる自分自身のミームを投稿すると、涙を流しながら笑う絵文字とともに「価値はあるわ。大笑い。新たな記録だもの!」とユーモアを交えて綴っている。

なお、1990年代~2000年代すべての年代で1位を記録しているのは現状、クリスティーナ・アギレラ、ブリトニー・スピアーズ、アッシャーの3組のみで、彼らが2020年代にNo.1を獲得すれば、マライアの記録に並ぶことになる。

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ