「東京駅からの最安運賃」がひと目でわかる東京周辺の地図がTwitterで話題 最も運賃が高いのは?



移動距離だけでなく、乗り継ぎルートや利用鉄道などによっても変わってくる電車の運賃。「東京駅からの最安運賃」を等高線にした地図が、Twitterで話題を呼んでいたのでご紹介します。











Twitterユーザーのまつり式部(@thgc_Mtd_h)さんが投稿した地図がこちら。東京駅からの運賃が高ければ高いほど色が濃く塗られ、地域ごとの差がひと目でわかるようになっています。

中でも目立つのは、右上の最も色の濃い部分。東京都葛飾区の「京成高砂駅」と千葉県印西市の「印旛日本医大駅」を結ぶ「北総鉄道」にあたる部分で、東京近辺でも特に運賃が割高なことで有名です。

ツイートを見た人々からは、



・右上妙に高いと思ったら 北総鉄道で納得した

・北総線沿線住民は、北総線に乗るしかない。本数少ない! 生活路線として気軽に使いたいのに、片道一駅200円三駅450円ごえ、都内までは1000円ごえ! スカイライナーは北総線の線路を通ってるけど、使用料どうなってんだろう…?

・りんかい線も高いですよね。メトロのおかげ、いつも、感じてます。

・ゆりかもめ高そう。

・東西線、有利。(しかし西船から東葉高速鉄道でチャラ)

・参考になります!



といった声が寄せられていました。

近年は交通系ICカードの利用がメインになり、切符のときほど運賃を意識しなくなったという人も多いかもしれませんが、東京近辺にお出かけの際はぜひ参考にしてみてくださいね。









※まつり式部(@thgc_Mtd_h)さんTwitterより引用

https://twitter.com/thgc_Mtd_h

(執筆者: しゃむ)

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

当記事はガジェット通信の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ