藤ヶ谷太輔、活動休止する嵐への思い「初めて名前で呼んでくれた先輩」


Kis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔が、4日に放送されたラジオ番組『藤ヶ谷太輔 Peaceful Days』(ニッポン放送/毎週土曜22:30~23:00)で、2020年末で活動を休止する先輩グループ・への思いを語った。

2020年で最初の放送となったこの日、「嵐が活動休止に入るわけですけど。正直に言うと、寂しいなって思うときもあります」と話し始めた藤ヶ谷。「青春時代にすごくお世話になった先輩方で。初めて“藤ヶ谷”って名前で呼んでくれたのは、嵐のみなさんが一番最初だったんです。嵐のバックにつかせてもらったときに、ちゃんと名前で呼んでくださったのがすごくうれしかった。いまだに覚えてますね」と、ジャニーズJr.時代の思い出を明かした。

また、昨年は、嵐のデビュー20周年5大ドームツアー「ARASHI Anniversary Tour 5×20」を鑑賞したそうで、「大人アイドルのライブでしたね。今までの感謝と、これからの感謝の気持ちを、5人のみなさんがファンのみなさんに伝えているように感じました」「一曲一曲に思い出があって、それぞれみんなが思い出しながら、ライブの時間を一緒に共有してる。すごく良い空間で、感謝に包まれた空間だった」と率直な感想を吐露。

櫻井翔を慕う集い“兄貴会”のメンバーでもある藤ヶ谷だが、「櫻井翔くんが兄貴で、翔くんを慕ってる後輩が集まる“兄貴会”っていうのがあって。うちのグループでいうと、千賀健永と藤ヶ谷が参加してるんですけど。ライブを見させていただいて、翔くんに感想の連絡とかをさせていただきました」と、ライブ鑑賞後に櫻井に連絡したことも明かしていた。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ