そっと肩を叩かれ…もしかして「ママ友になろう」の誘い⁉ 満面の笑みで振り向くと【3姉妹DAYS Vol.2】


こんにちは、あん子です!
10月から幼児教育・保育の無償化が始まりましたね。

現在2歳になる娘がいる我が家。
幼稚園入園を意識するようになると
“どこに通わせるか”がいちばん悩ましいところです。

幼稚園によって様々な教育方針や特色があります。
実際に足を運んで園の雰囲気や先生や園児達の様子を直接見てみたくなり、気になっていた幼稚園のプレに早速参加してみました。

■既に出来上がっているクラス
既にグループが出来上がっているプレクラス

教室に入るとすでにママさん同士で仲良しグループが出来ていました。

「うちのお姉ちゃんは◯◯組で~」と
どうやらこの幼稚園にお兄ちゃん、お姉ちゃんが通われていてお互い顔見知り同士みたいでした。

我が家は、中学2年生と小学5年生のお姉ちゃんがいます。
お姉ちゃん達と同学年のママ友はいますが
年の差姉妹だと三女は一人っ子状態で幼稚園には、知り合いはいません。

みんなが和気あいあいと話しをしているなか、
2人ぼっちな娘と私。

あぁ、人見知りな私にとってはハードル高すぎだな。
本当は家でポテチでも食べて好きなテレビみてゴロゴロしていたい。
自分だけならなんてことなかったのに。
コミュ力が高いお母さんなら機敏にみんなの輪の中に入っていけるのだろうな。

・・・ついついネガティブモードになります。
そんなことを1人で思っていた矢先、娘から

ようちえんしゅきと言ってくれる娘のために頑張ろう

たくさんのおもちゃがある幼稚園に目をキラキラ輝かせ
「幼稚園好き!」と屈託のない笑顔を見せる娘。

ママ友がいた方が確かに楽しいし情報交換もできるメリットがある。
だけどママ友が全てじゃない。

大切なことは、
“目の前にいる娘が楽しめていること”ではないのか。

私の中で何かのスイッチが入りました。

■体操を全力で楽しむ母
参加したクラスでは、手遊びや絵本の読み聞かせ、そして体操を行いました。

全力で体操をする親子

暗い気持ちで1日を終わらせることも楽しい気持ちで1日を終わらせることも自分次第。
どうせなら人一倍楽しもう!と全力で娘と親子体操をしました。

体操をしている最中、受付で娘の胸に貼ってもらった厚紙に両面テープで貼り付けた名札がなくなっていることに気がつきました。

足元を見渡すも、名札はない

どこに落ちたのかな?と床を見ましたがありませんでした。
まぁ名札くらいなくてもいいかとその時は、気にもとめませんでした。

体操が終わり帰ろうとしていたら

方を叩く誰か!?

誰かが私の肩を叩きました。

もしかして
「これからよかったらお話ししませんか?」と嬉しいお誘いかな?
私にも早速ママ友ができちゃう?

こみ上げる高揚感と共に振り返ると

あなたのお知りにお子さんの名札がついていますよ

私、お尻に娘の名札つけながら能天気に体操を踊っていました。

ああぁ!恥ずかしい…。

名札を教えてくださったママさんには丁重にお礼を言って帰りました。

プレ幼稚園の良いところは、園の雰囲気がじかに分かること。入園の際、優先される場合があること。
集団生活を通して子ども同士の付き合いを早めに経験することになるため、
幼稚園に入園した際、スムーズに送ることができるのではと思います。

まだ幼稚園入園まで時間があるので娘と楽しくプレ幼稚園生活を過ごせたらいいなと思っています。
(あん子)

当記事はウーマンエキサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ