2019年連ドラTOP10発表! ドラマ解説者が視聴率・業界しがらみ無視で選出


●米津玄師の主題歌「馬と鹿」も影響
12月29日深夜放送の『グランメゾン東京』(TBS系)を最後に、2109年の連ドラがすべて終了。

視聴率、評判ともに、飛び抜けたヒット作こそなかったが、節目となる100作目の朝ドラ『なつぞら』(NHK)、異例の2クールミステリー『あなたの番です』(日本テレビ系)、13年ぶり続編の『まだ結婚できない男』(カンテレ・フジテレビ系)などの話題作は多く、ネット上には一年中、記事やコメントが飛び交っていた。

ここでは「朝ドラから夜ドラ、深夜ドラマまで、全国ネットの連ドラを全て視聴しているドラマ解説者の木村隆志が、一年を振り返るべく「業界のしがらみや視聴率は一切無視」して、独断で2019年の連ドラTOP10を選んでいく。
○■10位:「ボロ」に込めた愛情と哀愁ただよう物語『日本ボロ宿紀行』(テレビ東京系)

2017年の『さぼリーマン甘太朗』、2018年の『忘却のサチコ』に続いて、2019年の10位はテレビ東京の深夜ドラマ『日本ボロ宿紀行』を選ばせてもらった。

「ボロ宿」なんて決めつけると、このご時世クレームが殺到しそうだが、そんな気配はゼロ。悪口を言っているムードはどこにもなく、むしろ「日本はまだまだ廃れてる」ことを喜び、愛情たっぷりの目線で日本各地の宿を紹介していた。

原作はそれらのボロ宿を紹介しているだけだが、ドラマには哀愁ただよう物語が添えられていた。篠宮春子(深川麻衣)は急死した父の芸能事務所を継いだが、所属タレントたちに逃げられ、残ったのは中年の一発屋歌手・桜庭龍二(高橋和也)だけ。二人は大量に売れ残ったCDを売るべく地方営業に出るが、貧乏ゆえに泊まれるのはボロ宿ばかり。

かつては繁盛していたであろうボロ宿と、過去の栄光を捨てられない一発屋歌手がオーバーラップし、どちらもイジリたくなりつつも応援せずにはいられない気持ちにさせられた。もちろん、父の好きだったボロ宿を好み、力不足ながら明るく龍二の尻を叩く春子の魅力も忘れてはいけない。春子を演じた深川は、『まんぷく』(NHK)、『まだ結婚できない男』にも出演して飛躍の一年になった。

当作を手がけた吉見健士プロデューサーにとっては、「孤独のグルメ」「昼のセント酒」に続く大衆文化3作目。2020年代を目前にして取り壊される建物が多い中、ボロ宿のよさに着目した慧眼と詫び寂びある映像美はさすがで、今年放送されたどの作品よりもエッジが立っていた。
○■9位:動画レシピサイトの便利さと、ゲイの日常風景『きのう何食べた?』(テレ東系)

続く9位もテレビ東京の『きのう何食べた?』。しかも十八番の「飯テロ」路線であり、さらに昨年から連ドラのトレンドとなっているLGBTをモチーフにした作品だった。

飯テロと言っても中心となっていたのは、食べることではなく調理シーン。真上から撮るカメラワークは動画レシピサイトを彷彿させるわかりやすさで、ネット上には「再現してみた」という投稿があふれていた。

当作は初回からツイッターの世界トレンド1位を獲得するなど熱狂的な支持を集めていたが、食事以上に視聴者の心をつかんでいたのは、筧史朗(西島秀俊)と矢吹賢二(内野聖陽)のほほえましいやり取り。「見ているだけで癒される」「あんなカップルになりたい」という声が飛び交っていたように、性的嗜好を乗り越えて理想のパートナーシップを見た視聴者が多かったようだ。

今年に放送された『俺のスカート、どこ行った?』(日テレ系)、『家政婦のミタゾノ』(テレ朝日系)のように、生徒や家族の問題を解決する救世主としてゲイを登場させる作品がまだまだ多いが、当作は特別視することなく、さらに憧れの対象にまで昇華させていた。もちろん西島と内野の力によるところは大きいが、原作・よしながふみ、脚本・安達奈緒子のつむぎ出すナチュラルな人間描写がそうさせていたのは間違いない。

山本耕史と磯村勇斗の演じたゲイカップルも好評だったが、田中美佐子と梶芽衣子の健在ぶりを見て喜んだ中高年視聴者も多かっただろう。
○■8位:徹底した女性目線とクリエイティブ・ファースト『だから私は推しました』(NHK)

『世界の中心で、愛をさけぶ』『白夜行』『JIN-仁-』『とんび』『天皇の料理番』『義母と娘のブルース』(TBS系)、『ごちそうさん』『おんな城主 直虎』(NHK)……21世紀に入って以降、最も安定したペースで良作を連発している森下佳子が「深夜帯でオリジナルを書く」と聞いたときは驚いた。

ただ放送枠が『よるドラ』と知って納得。同枠は事実上、今年新設された枠であるにも関わらず、『ゾンビが来たから人生見つめ直した件』『腐女子、うっかりゲイに告る。』と野心作を連発していたからだ。

当作が描いているのは、地下アイドルの世界を舞台にした女性の生き方。アラサーOLと地下アイドルという接点のない2人が絆を育んでいく様子は静かな感動があり、「女性が女性を推す」ことで徹底した女性目線が貫かれていた。

とりわけ目を引いたのは、主演・桜井ユキが見せた感情の幅。人生の過渡期を迎えたアラサー女性が「他人の目や“いいね”の呪縛から逃れ、失恋を乗り越えるために、ダメアイドルを応援することで元気を取り戻していく」「悪質なファンから推しアイドルを守り、事件に巻き込まれてしまう」という難解な感情を丁寧に消化していた。

現代性と社会風刺、地下アイドル・サニーサイドアップのディテール、意表を突くサスペンス、実力重視のキャスティングなど、NHKらしいクリエイティブ・ファーストの姿勢に感心させられっぱなし。今夏はプライムタイムの連ドラがすべて原作アリだったため、「オリジナルの素晴らしさを再認識させた」という功績も添えておきたい。
○■7位:ラグビーブームの導火線となった2019年の代表作『ノーサイド・ゲーム』(TBS系)

放送前は「また『日曜劇場』は池井戸潤原作ドラマなのか」という声が多かったのも無理はない。2013年の『半沢直樹』からほぼ年1作ペースで放送されてきただけに、厳しい目を向ける人がいたのは事実だ。しかし、回を追うごとにそんな声は消え、「池井戸潤作品の中で一番いい」と言われるほど熱狂的なファンを増やしていった。

正義の弱小アストロズvs悪の最強サイクロンズ、正義のGM・君嶋隼人(大泉洋)vs悪の常務・滝川桂一郎(上川隆也)という勧善懲悪の図式はこれまでと変わらない。しかし、野球やサッカーのように稼げない社会人ラグビーをモチーフにしただけあって、その世界観はより純粋、まっすぐ、ひたむき、武骨。逆境が訪れてもまっすぐ前だけを見て、仲間とともに前へ進んでいく姿が視聴者の心をつかんだ。

視聴者はまるでスタンドから彼らの試合を見ているようにアストロズの選手たちを応援していたし、見事に勝利を収めた最終話は2019年ナンバーワンの大団円だったのではないか。

イケメンよりプレースキルを優先させたことで生まれたラグビーシーンの迫力は、スポーツドラマの枠を越えていたし、松たか子を起用して女性目線を入れ、「女性視聴者を置き去りにしない」という判断も効いていた。

もう1つ特筆すべきは、日本テレビとNHKが放送した『ラグビーワールドカップ2019』のアシストとなっていたこと。『ノーサイド・ゲーム』の最終話はワールドカップ開幕のわずか5日前であり、敵に塩を送るような最高のお膳立てとなっていた。

事実上の主役・浜畑譲を演じた廣瀬俊朗、米津玄師の主題歌「馬と鹿」も含め、当作が与えた影響は多岐にわたり、その意味では今年の代表作と言っていいかもしれない。もし『ラグビーワールドカップ2019』の放送中、あるいは放送後に『ノーサイド・ゲーム』が放送されていたら、視聴率20%は軽く超えたのではないか。

●『俺の話は長い』でもジャニーズを輝かせる
○■6位:役者トライアングルと夏の風情を楽しむファンタジー『凪のお暇』(TBS系)

人生のリセット、空気を読みすぎる日常生活、タイプの異なる2人の男性との恋、散りばめられた夏の風情……さまざまな要素を詰め込みながら、さわやかな印象を持たせたのはスタッフの力。ヘビーなシーンの合間に、風車、風鈴、流しそうめんなどの爽快感やノスタルジーを抱かせる映像をインサートするバランス感覚が光った。

主人公の大島凪を演じた黒木華、恋人・我聞慎二を演じた高橋一生、隣人・安良城ゴンを演じた中村倫也。演じる3人の技量がイーブンだからこそ、魅力的な三角関係を描くことができたし、「慎二とゴンのどちらが好きか?」というラブストーリーの楽しさを感じさせることにつながった。

慎二もゴンも恋人としては「大いに問題アリ」にも関わらず女性の支持を集めたのは、単に「カッコいいから」「母性本能をくすぐるから」ではなく、ドラマが二人の再生物語も描いていたからだろう。やはりこの作品は“三人の役者によるトリプル主演”と言ったほうがしっくりくる。

とはいえ、忙しい日々から抜け出して穏やかな場所へ引っ越し、イケメン2人から愛され、新たな隣人や友人との楽しい日々……いずれも現代人にとっては現実離れしたファンタジーであり、ネット上には「もし私も凪のように今の生活をリセットしたら」と思いを馳せる女性が続出していた。視聴者にこんな夢を見せるのもドラマの役割と言えるだろう。

難点を挙げるとしたら、女性視聴者に寄り添いすぎて男性の支持をあまり得られなかったことくらいか。相変わらず刑事、医療、法廷などの季節感に欠けた作品ばかり量産される中、ここまで夏のムードを感じさせただけで価値は高い。
○■5位:「30分×2話」「ホームドラマ回帰」の挑戦に勝った『俺の話は長い』(日テレ系)

各局のスタッフが安全策に走りがちな中、「30分×2話」「絶滅気味のホームドラマ回帰」という挑戦的なコンセプトだけでも、諸手を挙げて称えたい。

「誰が俺のアイスを食べたか?」のような小さなテーマで1話を成立させてしまうのは、金子茂樹が手がける会話劇の妙であり、生田斗真、小池栄子、安田顕、清原果耶、原田美枝子の巧さ。つまり、プロデューサーのプランにキャストとスタッフが見事にハマった作品だったのだろう。

彼らの悩みは、「やりたいことが見つからない」「仕事と子育ての両立がうまくいかない」「妻と娘との距離感がつかめない」「想いを寄せる同級生と親友がつき合いはじめた」「息子をつい甘やかしてしまう」という誰もが胸に抱えるものだけに重さはない。だから悩みが改善されたとしても、ドラマティックな展開にはならないし、重くない悩みだからこそ「1話30分で十分」という見方もできる。

重さがないのは主人公の満(生田斗真)のキャラクターも同じ。屁理屈をこねまくるニートなのになぜか憎めないし、むしろ笑って見ていられたのは、「屁理屈をこねても、心に秘めた悩みは打ち明けない」「憎らしいけど、ちょっとだけいいことを言う」という重さがないからではないか。視聴者にとっては気軽に見られる、いかにも現代的な主人公だった。

金子茂樹は、『プロポーズ大作戦』(フジ系)で山下智久、『世界一難しい恋』(日テレ系)で大野智、『もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~』(日テレ系)で山田涼介、そして当作の生田斗真と、「冴えないが愛らしい主人公」の役でジャニーズを輝かせるスペシャリスト。今後も日テレ系のドラマを中心に重用されていくだろう。
○■4位:穏やかなワントーンで2つの物語が楽しめる良作『監察医 朝顔』(フジ系)

法医学というテレビ朝日的かつ見慣れたテーマながら、そのプロデュースはアグレッシブかつ繊細。原作漫画では、主人公の母親は阪神大震災で亡くなったのだが、思い切りよく東日本大震災に変更し、現地での取材を重ねながら真っ向から描いた。原作の変更を受け入れず、「重い」「つらい」作風を嫌う視聴者が増える中、批判を恐れずに挑み、支持を勝ち取ったのだから、見事というほかないだろう。

正直なところ、死者をめぐるミステリーは拍子抜けするほどシンプル。ひとつの物語を丁寧に描くというスタンスで、二転三転することはなく、正味35~40分で終わらせていた。

残りの20~25分を担っていたのがホームドラマ。主人公・万木朝顔(上野樹里)、父・万木平(時任三郎)、母・万木里子(石田ひかり)、恋人で夫となる桑原真也(風間俊介)の地味ながら愛情あふれる家族の物語を押し出して、ジワジワと視聴者を引き込んでいったのだ。

通常の連ドラは、ミステリー8~9割に対してホームドラマ1~2割という割合がほとんどだが、『監察医 朝顔』はミステリー6~7割に対してホームドラマ3~4割。どちらつかずになりそうなものだが、ミステリー、ホームドラマともに、過剰な悪役、事故、伏線などに頼らずに穏やかなワントーンにまとめ、「1つの作品で2つの物語を楽しめる」というバリューにつなげた。

このアグレッシブかつ繊細な作品を手がけたのは、若き金城綾香プロデューサー。このところ各局ともに女性プロデューサーの台頭が目立つが、男性プロデューサーよりも思い切りがよく、サービス精神も旺盛という傾向がある。2020年代のドラマ業界は女性プロデューサーたちが引っ張っていくのかもしれない。

●1位は記録的低視聴率でも唯一無二の名作
○■3位:ピュアな高校生の生きづらさを描いた『腐女子、うっかりゲイに告る。』(NHK)

インパクトあるタイトルで誤解した人は多かったのではないか。アングラなコメディと思いきや、フタを開けてみたら、ピュアな高校生たちの苦く切ない青春ヒューマンドラマだった。

高校生の三浦紗枝(藤野涼子)はゲイであることを知らずに同じクラスの安藤純(金子大地)に恋心を募らせ、純は妻子のいる佐々木誠(谷原章介)と関係を持ちながらも、結婚して家庭を持つ普通の幸せに憧れ、迷いながらも紗枝との交際を決意する。

また、シングルマザーの安藤陽子(安藤玉恵)は息子・純がゲイであることを知らず、純とチャットでつながる同性愛者のファーレンハイト(声・小野賢章)は両親の理解を得られずに苦しみ自殺してしまう。

高校生の純と中年男の誠による濃厚なベッドシーンはボーイズラブのムードだが、決してそれだけをフィーチャーしたいわけではなく、純と紗枝のキスシーンも高校生同士ゆえのみずみずしさと背徳感であふれていた。

この作品が描こうとしていたのは、マイノリティとして生きることの難しさであり、苦しんだ先に見えるわずかな希望。ディープなマイノリティのゲイと、ライトなマイノリティの腐女子を出会わせ、心を通わせながら、それでも結ばれないことで、純の生きづらさが強調されていた。

同時期に放送された9位の『きのう何食べた?』もゲイの生きづらさを描いた作品だが、どのシーンにも深刻さはなく、食卓を囲むことで大半の問題はクリア。主人公2人の関係性が揺らぐことはなく、常に揺らぎっぱなしの当作とは真逆のスタンスだった。

もう1つふれておかなければいけないのは、金子大地と藤野涼子という鮮度抜群のキャスト。キャスティングの自由度が高いNHKならではだが、その若さあふれる演技が作品の苦く切ないムードを倍増していたのは間違いない。
○■2位:バイオリンの音色とキャラクターの人生を同調させた『G線上のあなたと私』(TBS系)

「『大人のバイオリン教室』で出会った3人の絆と恋」というテーマを聞いたときは、まったく期待感を抱かなかった。ところが、いざはじまってみると、3人に親しみを感じ、応援せずにはいられない作品であることに気づかされた。

寿退社当日に婚約破棄されたアラサーで無職の小暮也映子(波瑠)、兄の元婚約者に恋心を募らせる大学生の加瀬理人(中川大志)、姑との関係に悩み夫に浮気される中年主婦の北河幸恵(松下由樹)。性別も性格も悩みもバラバラの3人が、バイオリンの練習を通じて少しずつ心を通わせていく物語は、昨今の連ドラが失いかけている連続性と、その素晴らしさを感じさせるものだった。

なかでも心を揺さぶられたのは、ぎこちないバイオリンの音色が、3人の関係性や悩みと同調していたこと。だからこそ、終盤にバイオリンの音色が少しだけなめらかになり、3人の絆が深まり、悩みも解消したシーンは、静かな作品ながら大きなカタルシスを生み出していた。

3人の悩みが誰にでも起こりうる等身大のもので、年齢なりのつらさを伴うものだったためか視聴率は低迷したが、見た人の満足度は総じて高かった。けれんみを重視してリアリティ度外視の作品が多い中、等身大の悩みを扱ったのだから見た人の共感を得られたのは当然かもしれない。

共感を得る上でもう1つ大きかったのは、也映子のキャラクター。つらい状況であるにも関わらず、どこかひょうひょうとしていて悲壮感はなく、無職のままバイオリンの練習に励み、ビールを飲み、カラオケを楽しみ、深刻になりきれない姿がむしろリアリティを感じさせたし、視聴者の心を軽くしていた。

当作の脚本を手がけた安達奈緒子は、今年当作だけでなく、『きのう何食べた?』、『サギデカ』(NHK)と3つのテレビ局で高品質かつ別ジャンルの作品を書き上げた。野木亜紀子とともに、今最も勢いのある脚本家と言えるだろう。
○■1位:低視聴率でも唯一無二の名作として輝く『いだてん~東京オリムピック噺~』(NHK)

記録的低視聴率や出演者の不祥事降板ばかり報じられていたが、ドラマの質とはまったくの無関係。文句なしで「2019年ナンバーワンドラマだった」と言えるし、「のちに評価される」という確信さえ持っている。

確かに主人公の知名度はないも同然だったし、落語シーンをどう見るか困ったし、時代が繰り返し行き来して混乱したのも事実。それらの批判は今なお収まっていないが、それらは挑戦したことや得たものの大きさと比べれば、微々たるものでしかない。

ほとんどの日本人が知らなかったオリンピックの歴史と、戦前・戦中・戦後の日本史をここまでしっかり描いたことだけでも希少価値は高く、一年間放送される大河ドラマだから実現できたことであり、大河ドラマにふさわしいものだったとも言える。

特に第2部は、人見絹枝(菅原小春)の激走、前畑秀子(上白石萌歌)の力泳、「東洋の魔女」ことバレーボール日本代表と大松博文監督(徳井義実)の絆など、歴史に残る女性アスリートの名場面が満載。彼女たちが知られざる悲しみや怒りを抱え、苦悩の果てに歓喜をつかみ取っていく姿はドラマティックであり、生き生きとした女性を描くのがうまい宮藤官九郎の真骨頂が見えた。

その他にも、スポーツの普及、政治の混乱、戦争の残酷さ、戦後の復興など多くのテーマを1つ1つ丁寧につむいでいたことも、「戦国時代や幕末の大河ドラマ以上に難易度の高い作品だったか」を証明している。終始、当時の日本人が持つ体温の高さを感じたともに、最終回で主人公が死なない大河ドラマとしての新鮮味もあった。

最後に「#いだてん最高じゃんねえ」のハッシュタグが世界トレンド1位を記録するなど、どんなに低視聴率で叩かれても、視聴者の思い入れは断トツであり、心の中で消費されず残り続ける作品となるだろう。

『ノーサイド・ゲーム』とともに放送のタイミングが早すぎた作品であり、「やはり年間ドラマはそれだけのパワーを秘めている」とも言える。

その他の主な作品は、下記の通り。

冬クールの『グッドワイフ』(TBS系)、『3年A組―今から皆さんは、人質です―』(日テレ系)、『初めて恋をした日に読む話』(TBS系)、『フルーツ宅配便』(テレ東系)、『ゾンビが来たから人生見つめ直した件』(NHK)。

春クールの『集団左遷!!』(TBS系)、『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』(フジ系)、『わたし、定時で帰ります。』(TBS系)、『インハンド』(TBS系)、『トクサツガガガ』(NHK)、『俺のスカート、どこ行った?』(日テレ系)。

夏クールの『あなたの番です』(日テレ系)、『TWO WEEKS』(フジ系)、『偽装不倫』(日テレ系)、『ルパンの娘』(フジ系)、『これは経費で落ちません!』(NHK)。

秋クールの『グランメゾン東京』(TBS系)、『シャーロック』(フジ系)、『まだ結婚できない男』、『同期のサクラ』(日テレ系)、『4分間のマリーゴールド』(TBS系)。

終わってみれば2019年のドラマ界も力作ぞろいで、ここで挙げたものは一部にすぎない。未視聴のものは年末年始の休みを利用してオンデマンドで視聴してみてはいかがだろうか。

最後に、ドラマ制作のみなさん、俳優のみなさん、今年も1年間おつかれさまでした。2020年も「多くの人々を楽しませる」「心から感動できる」ドラマをよろしくお願いいたします。

○著者:木村隆志(きむら たかし)

コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者、タレントインタビュアー。雑誌やウェブに月20~25本のコラムを提供するほか、『週刊フジテレビ批評』などの批評番組にも出演。取材歴2000人超のタレント専門インタビュアーでもある。1日のテレビ視聴は20時間(同時視聴含む)を超え、ドラマも毎クール全作品を視聴。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』など。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ