経験者は語る――「不倫関係ならでは」の失敗エピソード4つ

yummy!


経験者は語る――「不倫関係ならでは」の失敗エピソード4つ

不倫は、日々の忙しいルーティンにプラスすることなので、気をつけていてもしばしば失敗することがあります。
恋愛関係と同じで、お付き合いのなかで失敗することもあれば、そもそも不倫相手選びに失敗することも。ですが今回は、なにかと制限がある「不倫ならでは」の失敗エピソード4つをご紹介します。

目次

ラブホの駐車場に車をぶつける


「車のない不倫相手とはわたしが運転してラブホに通っていたのですが、なんとラブホの駐車場に車をぶつけてしまい……結構な修理費がかかりました。家族への言い訳も苦しかったし、それが原因で不倫相手と別れました」(34歳/主婦)
こちらはちょっと聞くのも辛い失敗ですね。ラブホの駐車場って狭い事が多いので、女性が駐車するには少しハードルが高い場合があります。
このケースは相手はいませんでしたが、それでもファミリーカーをラブホで傷つけてしまった事実は変わりませんし、最悪相手のいる事故となってしまった場合、それが原因で家族にバレるきっかけとなってしまいますね。

相手のNGな時間に連絡してしまう


「既婚者の彼と付き合っていたのですが、彼からは連絡は朝8時から19時までにしてくれと言われていたのに、酔っていてその約束をすっかり忘れて彼にLINEと電話までしてしまいました。幸いバレなかったみたいですが、かなり怪しまれたみたいです」(35歳/美容師)
多くの既婚者が家庭でのLINEはほぼ不可能なのに、酔った勢いや音信不通になった時の不安で約束を破ってしまうことは、実は結構あるんです。
他にもLINEの頻度を間違える(しすぎ、しなさすぎ)でバレたり破局を迎えることもよくあるようですよ。

金のない男と不倫してしまった


「ダブル不倫だったのですが相手がお小遣い制で、お金が全然無かった。安いホテルで我慢したり食事も良いところでなんてできない。せっかく非現実を味わいたくて不倫してるのに何か全然楽しくないのでやめました」(32歳/販売)
不倫には時間とお金両方が必要不可欠なもの。相手の男性にお金が無いと、女性側に負担がいくこともあるので、それは避けたいですよね。
ほかにも車がない男と不倫関係になってしまった、包茎男と知らず不倫関係になってしまった、というのも痛い失敗です。

不倫に夢中になりすぎて家庭とのバランスが崩れた


「不倫で遊びすぎて、夫として父としての勤めが果たせなくなっていた。お金も尽きて奥さんに小遣い請求したり、夜遊びしすぎで休日に子供達と遊べなかったり。程々にしておかないと家族に愛想つかれますね」(37歳/営業)
こちらも注意しておかないと簡単に陥りそうな事態ですね。
仕事もして家庭のこともして不倫相手とも頑張って……では疲れてしまうのは当たり前。
何事もバランス良く楽しむのが大事で、家族を最優先に出来ないのなら不倫は即やめるべきですね。

不倫に失敗はつきもの


ほかにも、会いすぎてバレた、ハマりすぎて関係が崩壊した、倫理観に押しつぶされそうになって別れたのにまた繰り返している、など不倫はうまくいかないことばかり。
人間関係がかなり器用にこなせる人ではないと、継続はほぼ無理ですね。
(mashu/ライター)

当記事はyummy!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ