★10位★2020年上半期 てんびん座の運勢★確固たる土台を求めて

 

 

 

てんびん座の運勢(9/24~10/23生まれ)

 

★全体運★自分が帰るべき場所

 

2019年の下半期は、自分なりの幸せを目指してさまざまな試行錯誤をしたのではないでしょうか。頑張って自己主張してみたり、嫌なことは「嫌だ」とはっきり断ってみたり、いつも以上に自分を打ち出した期間だったと思います。
一転して2020年は、本当の意味で心安らぐ人間関係を築くとき。無理をしないでいられる居場所をつくることがテーマになります。

本来はお出かけ好きのてんびん座ガールですが、今期は自宅ですごす時間が増えるはず。お部屋の模様替えや引っ越しを検討する人も。快適な住まいは、あなたにクリエイティブな発想力を与えてくれるので大賛成!恋愛運にもいい影響がありそうです。

あるいは家庭を持つ、または環境をガラッと変えて新天地で頑張る人も。いずれにしても、『ここがわたしの本拠地』といえる場所が変化します。そして腰を据え、新しい場所から新しいチャレンジがはじまるはずです!

 

 

◎上半期の流れ◎

1月はまだ2019年下半期の流れを引きずって、トライ&エラーをくり返す時期。

2月から3月にかけて、家族関係の問題が浮上しそう。あなたのポジティブな考えが、問題をいい方向へと押し進めます。

あらゆることの見通しが立つのが、4月。恋も仕事も快調! 景色がパッと明るくなり、追い風が吹きます。

ムクムクと好奇心が頭をもたげる5月。GWの海外旅行が、素晴らしいアイデアをもたらすはず。

6月は多忙。スムーズにいかない場面もありますが、5月に思いついたアイデアを実行に移すときです。

 

 

★恋愛運★結婚に直結する出会い

 

今期も、恋のチャンスには事欠きません。ただ相手から好意を寄せられても、あなた自身が「本物じゃないとダメ!」という意志が固く、ちょっとやそっとの出会いでは心が動かないかも。

どんな相手を選べばいいか迷ったら、今年は“家庭的な雰囲気のある男性”がおすすめです。おおらかで、どこか天然で、どっしり構えた人物に出会えたら『あたり』。お料理男子もいいですね。

進展を狙っている人は1月下旬から2月上旬、そして4月が勝負。婚約&入籍は下半期がおすすめです。

 

 

★仕事運★情熱で仕事を動かす

 

今までどおりのやり方が通用しなくなる気配。スケジュールに従ってサクサク進めることよりも、多少時間をオーバーしても相手の話にじっくり耳を傾けたり、仕事の専門性を高めたりすることに時間を割きましょう。

与えられた仕事を的確にこなすのは素晴らしいことですが、『自分にしかできない仕事』を突き詰めることも重要です。仕事の1つ1つのプロセスを大切に。そして相手と本音で語り合ってください。あなたの仕事ぶりに“熱”が加われば、下半期に大きな飛躍が期待できます。

ちなみにこの時期の転職は微妙。独立してフリーランスになるなら“あり”です。

 

 

◎パワースポット

⇒住宅展示場、幼少期をすごした町、老舗旅館
⇒神社やお寺は、自宅から見て「北」または「北北西」が吉

 

 

まとめ記事はこちら!

 

WRITER

  • 桜井セシル
  •        

  • 桜井セシル(さくらいせしる)星読みライター。アプリ『LINE占い』内のコンテンツ「お悩み相談所」などで活動中。得意占術は西洋占星術、タロット、数秘術、紫微斗数。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ