お笑いコンビ・ロンドンブーツ1号2号の田村淳が26日、都内で行われた「#Twitterトレンド大賞 2019」にMCとして出席。活動停止中の相方・田村亮の復帰について自身の意向を明かした。

データ・ドリブンで集計された2019年に最も話題となった上位20個のトレンドワードを発表する同イベント。2019年に日本のTwitter内でトレンドインした全てのワードを集計し、通年でのツイート量などを総合的に組み合わせた独自のアルゴリズムでランキング化した。会場には、2人のほかチョコレートプラネット、ミルクボーイ、ゆりやんレトリィバァ、ゆきぽよ、有村藍里、渡辺美優紀、倉持由香、SKE48山内鈴蘭、フワちゃんらが登場。

サブMCを務めたフリーアナウンサーの宇垣美里が、2019年を「挑戦の1年ということで、4月からフリーアナウンサーになりましたので、いろんなことがありました。すごく楽しかったです。楽しい1年でしたね」と振り返る一方、淳は「ほとんどこの1年の記憶が闇営業問題で。楽しいこともたくさんあったんですけど、特に6、7、8月は『闇・亮』の2文字しか僕は感じてなかったんで(笑)」と、闇営業問題で活動停止中である自身の相方・亮について笑いを混じえながら触れた。

さらに淳は「マイナスのまま終わりたくないなというのがすごくあったので、自分たちで『株式会社LONDONBOOTS』というのを立ち上げたり、Youtuberをやってみようと思う年にもなりました。プラスに受けとれば、あの騒動があったから一歩前に進めたと感じられる2020年にしたいなと思いました」と胸中を告白。

亮の近況については「ものすごく元気です。番組で亮さんの家でやらしてもらったんですけど、2020年は前向きに動き出そうという感じがすごく受け取れました。来年活動が一歩前に進められればいいなと、気持ちの上で亮さんは整ってるかなと思いました」と明かした。

続けて「僕だけじゃなくて、スポンサーの皆さまとかお世話になった番組のスタッフさんとか色々あるなかで、みんなに許しを得られたかなというときに僕が最終ジャッジしたいと思ってます」と活動再開には慎重な姿勢をみせた。

#Twitterトレンド大賞 2019の結果は以下の通り。

1位:平成最後の日
2位:ラグビー
3位:イチロー
4位:活動休止
5位:#台風19
6位:ジャニーさん
7位:山ちゃん
8位:デビュー
9位:天気の子
10位:#あなたの番です
11位:ピエール瀧
12位:沢尻エリカ
13位:オリンピック
14位:#吉本興業
15位:大坂なおみ
16位:京都アニメーション
17位:バルバトス
18位:ジョーカー
19位:wowakaさん
20位:アバンティーズ

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ