おせちで一番簡単! 5分で「田作り(ごまめ)」

E・レシピ

昨日でクリスマスが終了しました。
よって、今日から一気にお正月ムードに!

みなさんはおせち料理を作る派ですか? 買う派ですか?
私はこんなに料理に近い仕事をしていながらも、母が作ったおせち料理をもらってくる派です…。

でも、こんな私でも、田作りは毎年作っています。
なぜなら、電子レンジを使えば5分で作ることができるから。
そして、頭から尾まで食べられる田作りは、栄養満点。
田作りに含まれる栄養で代表的なのはカルシウムですが、なんとたった10gで幼児の一日分のカルシウムの1/3以上をとれるほど含まれています。
よって我が家は、年長の娘のおやつとして、年末から食べさせるのが恒例になっています。

ということで、慌ただしい年末でもなにかおせち料理を作るのであれば、田作りをおすすめします。

ちなみに、煮干しと田作り(ごまめ)の違い、おわかりになりますか?

煮干しと田作りは、原料は一緒です。カタクチイワシなのです。
でも製法によって、名前の違いが生まれます。

煮干しはカタクチイワシを茹でて(煮て)から乾燥させたもの。
それに対して田作りは、カタクチイワシをただ乾燥させたものになります。
なので、田作りは火を通してから使うんですよ。

田作りは本当にあっという間に作ることができます。

■田作り

レシピ制作:管理栄養士 長 有里子

<材料 (作りやすい分量)>
田作り 50g
醤油、酒 各大さじ1・1/2
砂糖 大さじ1
サラダ油 少々

<作り方>
1、クッキングシートに田作りを広げ、電子レンジに入れる。

※水分を飛ばしてカリッとさせるためなので、なるべく重ならないようにするのがポイント。


2、ラップをしないで、500Wのレンジで約1分半加熱する。

3、フライパンに醤油と酒、砂糖を入れて火にかけ、泡が出てきて軽くとろみがついたら火を弱め、(2)をからめる。

4、油も少し入れ、混ぜ合わせる(冷めたときにくっつきにくくするため)。

簡単に作れる田作りを何かの合間に、チャチャっと作ってみてください!

(長 有里子)

当記事はE・レシピの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ