『ヲタ恋』が1位!メディア化作品期待度ランキング、『ハイキュー!!』『ランウェイで笑って』は何位?

numan


「2020年 冬のメディア化作品期待度アンケート」の結果が解禁されました! 第1位には、2020年に実写映画が公開予定の『ヲタクに恋は難しい』が輝きました♪ また『ハイキュー!!』や『ランウェイで笑って』などの人気作品もランクインしています♪
総合電子書籍ストア「BookLive!」から、「2020年 冬のメディア化作品期待度アンケート」の結果が公開されました!
第1位に輝いたのは『ヲタクに恋は難しい』でした♪運営する総合電子書籍ストア「BookLive!」において、【2020年冬(1月~3月)注目のメディア化作品】ページが12月24日(火)より公開されました。
この【2020年冬(1月~3月)注目のメディア化作品】の実施に際して、読書好き638名を対象に行った、<2020年 冬のメディア化作品期待度><2019年 秋のメディア化作品満足度>アンケートの結果を発表いたします。

アンケート調査 結果概要

「2020年 冬のメディア化作品期待度」アンケートNo.1には、2020年2月に実写映画公開予定の『ヲタクに恋は難しい』が選ばれました。
「勇者ヨシヒコ」『銀魂』シリーズ、そして『今日から俺は!!』など数々のヒット作品を生み出した福田雄一さんが監督を務め、高畑充希さんと山﨑賢人さんが主役のヲタクカップルを演じます。
『ヲタクに恋は難しい』は2018年の春にアニメ化もされた作品で、「原作、アニメときて、実写化がどうなるのか楽しみ」「原作も好きだし、アニメも良かったので、映画も期待」と、原作ファン・アニメファンともに注目している作品です。

ドラマ化作品の中では『恋はつづくよどこまでも』が7位にランクインしました。
作者は2016年にAmazonプライム・ビデオにてドラマ化し、好評を博した『はぴまり~Happy Marriage!?~』をはじめ、これまでに数々の人気恋愛マンガを世に生み出した円城寺マキ先生。
ドSドクターと新米ナースの恋愛を描いた本作の実写ドラマ化について、「マンガを忠実に再現して欲しい!」という原作ファンの声のほか、「大好きな作品です。しかも(佐藤)健くんが出演!もう期待しかありません」と、配役にも期待する声が集まっています。

アニメ化作品では、『ハイキュー!!』『斉木楠雄のΨ難』など人気のシリーズ作品の新作や、実写ドラマ&映画が好評だった『理系が恋に落ちたので証明してみた』といった再メディア化作品が上位に挙がる中、『ランウェイで笑って』が初のメディア化作品として期待度8位にランクインしました。身長158センチでありながらパリコレモデルを目指す女子高生・藤戸千雪と、ファッションデザイナーを目指す貧乏男子・都村育人がそれぞれの夢を追いかける物語です。
「夢を追うことの素晴らしさが、ここにあります」「アニメ化楽しみにしていました!」と、アニメ化を待ち望んでいた読者の声が寄せられました。

また、「2019年 秋のメディア化作品満足度」アンケートNo.1はアニメ3期が放送中の『ちはやふる』となりました。これまでに3回に渡って実写映画公開もされた人気作品で、原作・アニメ・実写映画のすべてにファンが多く、「熱くなれる青春マンガ」として不動の人気を獲得しています。
2位は『G線上のあなたと私』、3位は『シャーロック・ホームズ』となりました。4位は今回8シーズン目のドラマとなった『孤独のグルメ』、5位が『僕のヒーローアカデミア』と、安定の人気シリーズがランクイン。死を扱った重いテーマでありながら、生と死について考えさせられる内容の深さで『死役所』が6位となりました。

2020年 冬のメディア化期待度ランキング


 (133608)

2020年 冬のメディア化期待度ランキング

1位:ヲタクに恋は難しい(映画化)


 (133610)

1位:ヲタクに恋は難しい(映画化)
(C)ふじた/一迅社

「原作、アニメときて、実写化がどうなるのか楽しみ」
「アニメのテンポが大好きでした!福田監督が役者たちをどう魅せてくれるのか期待」
「マンガもアニメもテンポ良く面白かった。映画のほうも同じノリで楽しめると嬉しい」
「マンガを読んでいるので気になります。キャスティングが豪華!」

7位:恋はつづくよどこまでも(ドラマ化) 


 (133613)

7位:恋はつづくよどこまでも(ドラマ化) 
(C)円城寺マキ/小学館

「原作の大ファン!それ以外に期待する理由なし!私の中では最強の作品!」
「マンガを読んでいるので期待しています 健くんの演じるドSドクターがどんな感じか楽しみ」
「恋愛の神様的な作品です!それだけで絶対にお薦めです!」

8位:ランウェイで笑って(アニメ化)


 (133616)

8位:ランウェイで笑って(アニメ化)
(C)猪ノ谷言葉/講談社

「夢を諦めない強さと美しさがあります」
「ぜひアニメ化して欲しかったので嬉しい!」
「女の子なら誰もが憧れる舞台(ファッションショー)の裏側を見られるのも楽しい」
「大好きな作品。アニメでどう描かれるか楽しみ」

2019年 秋のメディア化満足度ランキング


 (133619)

2019年 秋のメディア化満足度ランキング

1位:ちはやふる(アニメ化)


 (133621)

1位:ちはやふる(アニメ化)
(C)末次由紀/講談社

「待ちに待ったアニメのシリーズ続編で、それぞれの未来が少しずつ動き出す展開が毎回楽しみです」
「絶対に譲れないもののため青春全部懸ける!大人も子ども皆、何かに本気になってる。現実ではそんなことないよ、と思うのに『ちはやふる』を見ると熱くなる」
「もともと原作が大好きで何度も読む作品で、アニメも実写映画もハマっています!」

4位:孤独のグルメ(ドラマ化)


 (133624)

4位:孤独のグルメ(ドラマ化)
(C)久住昌之・谷口ジロー/扶桑社

「シーズン8が始まってからまたシーズン1から見返し中」
「全シーズン、何度見ても良い」
「相変わらずの間。『腹が、減った』の『腹が』と『減った』のあいだの間が良い。おじさんがご飯を食べるだけなのにこんなに面白いってすごい」

6位:死役所(ドラマ化)


 (133627)

6位:死役所(ドラマ化)
(C)あずみきし/新潮社

「元々好きな作品で、まさかこのマンガがドラマ化されるとは、とビックリしましたが、松岡くんのシ村さん、ハマってました!」
「人間の生と死について考えさせられる」
「死を見つめる重いテーマだけど、登場人物たちの生き方に感動する」

結果はいずれも総合電子書籍ストアBookLive! 調べ

アンケート調査概要

調査タイトル:2020年冬&2019年秋映像化作品 期待度&満足度アンケート
          ※BookLive! で配信中の原作のある作品を対象としています
調査期間:2019年12月6日(金)~12月8日(日)
調査方法:BookLive! 会員を対象にメールでアンケート回答
回答数 :638人

総合電子書籍ストア「BookLive!」概要


「BookLive!」は、凸版印刷グループの総合電子書籍ストアです。2011年よりサービスを開始し、マンガ、書籍、ラノベ、雑誌など、国内最大級の品揃えを誇ります。読者の利便性を最優先に、いつでも、どこでも簡単に楽しめるサービスを提供しております。●総合電子書籍ストア「BookLive!」 https://booklive.jp/●公式Twitter https://twitter.com/BookLive_PR

『使いやすい電子書籍ストア』・『本棚が使いやすい電子書籍ストア』2部門でNo.1を獲得


2018年10月に、「電子書籍・電子コミックに関する調査」(実査委託先:ESP総研)において、「使いやすい電子書籍ストアNo.1」「本棚が使いやすい電子書籍ストアNo.1」の2部門で第1位を獲得しました。※

 (133636)

株式会社BookLiveについて

※ 2018年10月度調査 /アンケート名称:電子書籍・電子コミックに関する調査/ 実査委託先:ESP総研

株式会社BookLiveについて


BookLiveは、「新しい価値を創造することで、楽しいをかたちにする」を企業理念とし、電子書籍ビジネスを担う企業として設立されました。読者の利便性を最優先に、「いつでも、どこでも、だれにでも、簡単に本が読める環境」の実現を目指し、事業を展開しています。また、設立以来、業界を牽引する様々な企業と連携し、新たなビジネスモデルを創出するなど、電子書籍の新たな可能性の探求を続けています。本文中に記載されている会社名、サービス名及び製品名等は各社の登録商標または商標です。

当記事はnumanの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ