電子書籍に課金ざんまい!デジタルコミックにハマるアラサー女子あるある10選

 

漫画にラノベ、小説に同人誌……。青春時代を読書ですごしたアラサー世代は、日々増えていく本に悩まされ、親に怒られたり私生活が変化したりで、泣く泣く処分した人もいたのではないでしょうか?そんな中、救世主のごとく現れた、電子で読める漫画「デジタルコミック」! これにお世話になっている人、けっこういますよね?

 

デジタルコミックを読むアラサー女子あるある10

 

いわゆる「電子書籍」は、ここ10年くらいで盛んになった、紙の書籍をデジタルデータとして提供するサービス。普通の本と違ってかさばらないので、置き場所に困ることもないのですが、それゆえに「買い過ぎる!」という新たな悩みも生まれ……?

そこで今回は、電子書籍で漫画もラノベも小説も雑誌も買いまくるライターが、デジタルコミックのあるあるを10選ご紹介します!

 

  1. クレジットカードの請求がスゴイことになってる

ネット上で流通するデジタルコミックは、現金では買えません。なので、使うのはクレジットカード。置き場所に困らないので、ついつい買いすぎてカードの請求に冷や汗をかくのは日常茶飯事。それでも、今日も本を買い続けます。

 

  1. 新作アニメの原作漫画の大人買いはデフォ

デジタルコミックを読む人は、NetflixHulu、アマプラなどの動画配信サイト…利用してません?新作アニメを見る原作漫画あるじゃん利用している電子書籍サイトへGO大人買いまではルーティンワーク。デフォおおお。

 

  1. どこでも読めるせいで月末の通信規制に泣かされがち

たいていの電子書籍サービスは、購入した本をPCでもスマホでも読めます。いつでもどこでもスキマ時間に読めるのも魅力のひとつ。ただ、月末はスマホの通信規制で読めなくなって、ギガの購入をしようかどうか迷います。課金祭りかよ。

 

  1. 新作よりも懐かしのあの漫画にどっぷりハマる

新作も読みますが、それより子どもの頃に読んでいたけれど、捨てざるをえなかったあの懐かしの漫画にどっぷりハマっちゃうことも多いです。やはり青春時代の本は強い。

 

  1. デジタルで漫画を読み始めたキッカケは広告からだった

なぜ紙の漫画から、デジタルコミックに移行したのか?いろいろ理由はありますが「ネット見てて広告に面白そうな漫画があったから」という人も多いのではないでしょうか? 別に紙の本を買ってもよかったんだ……でも、いますぐ読みたかったんだ……本屋に行ったりAmazonで買って届いたりするまで待てなかったんだ…それくらい面白そうな漫画が広告に流れたんだ…。まんまと引っかかったわけではないんだ……たぶん。

 

  1. 電子版と紙の本、両方買うのも珍しくない

 

 

紙か電子か…紙のめくる感覚は捨てがたい。いや、私は絶対に電子サービスになびかないぞ! ……と、妙に葛藤をしていた時期もありました。葛藤した結果……なぜか両方買うことに。

 

  1. あっちには配信されてない!複数のサービスをかけもち

登録も面倒だし、あっちで読んでこっちで読んでは面倒。だから、サービスはひとつに絞りたい……のに、某出版社は独自サービスでしか電子版を売ってくれない……この本はこっちにはないけどあっちにはある……。はい、複数サービス使っていますが、それがなにか。

 

  1. 置き場所に困ってついにデジタルコミックに完全移行

 

 

引っ越しやら何やらで、環境の変化にともなって大量の漫画を処分しなければならない……そんな瞬間が訪れることも。だけど漫画が読みたい! 本が読みたい! ……いつの間にか電子書籍に完全移行。あまり読まなかった雑誌や小説なども、読むようになりました……。

 

  1. 電子化されない漫画を見て歯ぎしり

完全移行したあとは、もう紙の本は買わなくなることもしばしば。あの漫画……いつになったらデジタルコミックになるのかなぁ……。

 

  1. デジタル化されるようリクエストを送りまくる

紙が好きでデジタル化したくない作家さんの気持ちもわかるし、出版社の戦略もあるかもしれない。でも、それでも紙の本はこれ以上は増やせない!買って捨てるのは嫌だ! デジタルに頼るしかないんだ! ……と、切実な思いを込めて、サイトのリクエストフォームから、好きな本のリクエスト要請を送りまくる有様。……まぁ、結局我慢できずに、紙の本買ってしまうんですけどね。

 

課金祭り?そんなの関係ねえ!

気がついたら、紙で買っていたときよりも多くの本を購入して読む始末。買いすぎは要注意ですが、いつでも買えておき場所に困らないデジタルコミックはとっても便利なので、本棚がもういっぱいの人はデジタルの世界へ足を踏み入れてみましょう!

 

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ