鬼越トマホーク『スッキリ』コメンテーター・橋本五郎氏への「お前誰だ?」で炎上

23日の午前中、お笑いコンビ・鬼越トマホークの名がツイッターでトレンド入りした。鬼越トマホークといえば、トークバラエティ番組などで2人が些細なことで揉め始めたところに、仲裁に入ってくれた先輩や大御所にスキンヘッドの坂井良多が暴言を吐くというパターンが人気なのだが、この日初めて『スッキリ』(日本テレビ系)で彼らのネタを見た視聴者から「失礼すぎる」などと批判の声があがったのだ。

11月2日~3日に放送された『FNS27時間テレビ にほんのスポーツは強いっ!』(フジテレビ系)内の『さんまのお笑い向上委員会』で、何度も自分らの見せ場を邪魔した太田光(爆笑問題)の喉を圧迫し黙らせた坂井良多。この絡みが縁で鬼越トマホークは後日、ラジオ番組『火曜JUNK 爆笑問題カーボーイ』(TBSラジオ)にゲスト出演。爆笑問題の2人は彼らのネタが大変気に入っているのだが、太田でさえ鬼越トマホークの過激な芸風が「心配だ」「干されるよ」と危惧していた。だが本人達は「自分みたいな若手は(ギャラを)そんなに貰ってないし、目立たなければ使ってもらえない」と、暴言を吐き続ける覚悟を示している。

23日放送の『スッキリ』では、井上公造が「来年の一押し芸人」として鬼越トマホークを紹介。最近は一般企業の忘年会などに呼ばれ、社長や上司に普段言えないことを代弁する“ケンカ芸”が好評で週に1~2本の営業が入っているそうだ。

今回もスタジオ内で2人が揉め始めると、仲裁に入ってきた事務所の大先輩である加藤浩次(極楽とんぼ)に「うるせえなぁ、お前誰だよ」、「闇営業に便乗して、自分だけスッキリしてんじゃねぇよ」と暴言を浴びせ、続けて近藤春菜(ハリセンボン)に「芸人のくせに、女優とばっか遊んでんじゃねぇよ」、水卜麻美アナには「24時間テレビで痩せたのにリバウンドしてんじゃねぇか」と同番組MC陣をメッタ斬りにした。

さらにコメンテーターの榊原郁恵に「お前は野菜作ってろ!」(畑を借りて野菜作りに励んでいる)、杉山愛には「スタッフの前でイチャイチャしてんじゃねぇよ!」(夫がマネージャー)と乱暴な言葉遣いだが、彼らがよく下調べをしていることが伝わる内容であった。ただし読売新聞特別編集委員の橋本五郎氏への「お前誰だよっ!」に驚いた視聴者が多く、「あまりにも失礼すぎんこのネタ? 五郎さんに対して」「不快な笑いだなぁ」「普通に初対面の人に、目上の人に失礼過ぎて、五郎さん可哀想」とツイッターが炎上してしまったのだ。

一方で、鬼越トマホークの芸風を知っている視聴者からは「朝の情報番組に出てウケ取れる芸風じゃないじゃん」「こういうのはだいたいが呼んだ側の問題」「ああいうネタだし騒いでる人たちは知らなかった人でしょ」「不謹慎だの不愉快だのそれは番組側に向ける言葉であって、一出演者に向ける言葉ではない」と彼らを擁護する声も目立っている。

画像は『鬼越トマホーク 坂井良多 2019年12月14日付Twitter「タイタンシネマライブありがとうございました!」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 みやび)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ