マライア・キャリー、米ビルボード誌最新号の表紙に&これまでのキャリアを振り返る

Billboard JAPAN

2019/12/23 14:30



米ビルボード誌最新号の表紙を飾っているマライア・キャリーが、過去のアルバム・アートワーク、ミュージック・ビデオやライブ映像を見ながら、これまでのキャリアを振り返るビデオ・インタビューに応じた(https://youtu.be/MANqfciRmdI)。

まずデビュー作『マライア・キャリー』について「タイトルがものすごくクリエティブでしょ」と自虐的に話した彼女は、アートワークについて「なぜ彼らが歯をレタッチしたのかわからない。全く必要ないでしょ」とマライア節を炸裂させると、名曲「Hero」のミュージック・ビデオの中で、自身の顔の左側から撮影されたシーンには「今だったら、このショットを入れっぱなしにした人を殺してた。私の顔の“悪い側面”を真っ向から捉えているから絶対に編集していたけれど、当時は言われたままに従っていたから」と明かし、「でもこの曲のことはとても誇りに思っている」と付け加えた。

リリースから25年を経て、米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”で先日初めて1位になった「恋人たちのクリスマス」のミュージック・ビデオについては、「すべてのショットが気に入ってるというわけでないけれど、私が初めて書いたクリスマス・ソングで、毎年聴くとハッピーな気分にしてくれる」と嬉しそうに語り、「この曲を聴いて、愛してくれた人々全員に感謝したい」と述べた。

他にも、「大好きなコラボレーションの一つ」とアニメーション映画『ザ・プリンス・オブ・エジプト』のテーマ曲「When You Believe」での故ホイットニー・ヒューストンとの仕事について触れ、同曲を【アカデミー賞】で一緒にパフォーマンスしたことを「一生忘れない経験」と振り返っている。

また、最も印象深い米ビルボード関連の思い出は「一つだけ選ぶのは難しい」としたものの、今年の【米ビルボード・ミュージック・アワード】で<アイコン賞>を受賞したことだと話した。

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ