天井や壁、電子ケトル…1回も掃除してないかも!? 見落としがちな「汚れスポット」お掃除テク5選


早いもので今年ももうすぐ大掃除の季節。リスト出しして少しずつ始めている方も多いはず…。でも、その前に日頃から掃除するのを忘れがち、見落しがち…という場所を見直してみませんか?

たとえば、やかんの中やレンジの庫内、天井や壁など…。「そうそう!」「恥ずかしながら、一度も…」と感じる見落としがちな掃除スポットに目を向け、みんなの実例とともに簡単にできる小掃除テクをご紹介します。

■電気ケトル掃除は「クエン酸」で!
「買ってから、そういえばまだ掃除をしたことがなかったかも…」という声をよく聞くのが、電気ケトルやかんなど。みなさんのお宅でも思い当たりませんか。


インスタグラマー mhh1129さんより

インスタグラマーのmhh1129さんもそんなおひとり。T-falのケトルを独身時代に買ってから、「長年愛用してるけど、恥ずかしながら一度もお手入れしたことありませんでした」とのこと。

「お湯沸かすだけなのに、お手入れ必要なのか?」と思っていたそうですが、よく見たら…。「だいぶ汚れてる、ってことで大掃除も兼ねて、ケトル掃除を決行しました!」といいます。


インスタグラマー mhh1129さんより


●mhh1129さんの「電気ケトル」小掃除テク
1 大さじ一杯のクエン酸をケトルに入れる。
2 満水まで水を入れる。
3 沸騰させる。
4 沸騰したら約2時間放置。

「これで終わり。なんて簡単過ぎるの」とmhh1129さん。 放置する時間は汚れ具合によって変わってくるかもということで、mhh1129さんの場合は 「長年お手入れしてなかったので2時間放置した」とのことです。


インスタグラマー mhh1129さんより

その後ケトルの中を見て、「めちゃくちゃ綺麗になってるー!」「これからは年1回大掃除の時にケトル掃除もします」と感動したそうです。まわりの汚れは除菌シートでさっと拭いたそうですが、すぐに使わないときはすすいで乾かしておきましょう。

mhh1129さんのような電子ケトルはもちろん、ステンレス製のやかんポットのなかも同じようにクエン酸で掃除すると良いようです。わが家も忘れていたという方は、ぜひ試してみることをおすすめします。

■電子レンジの汚れは「重曹水」をチン!
ほとんど毎日のように使う電子レンジですが、庫内の掃除は案外しそびれているという方が多いのではないでしょうか。食品がこぼれたときは、さっと拭くものの、少しぐらいの飛び散りがあってもそのままにしていると、気づいたころには汚れがこびりついていた…なんてことも多いようです。

そんなときには「重曹を使って掃除するといい」というのはインスタグラマーのakko.2no3さんこと、あっこさん


インスタグラマー あっこさん(akko.2no3さん)より

重曹水をチンして放置。その蒸気と重曹水を利用して拭き掃除するだけ」といいます。煮物を温めていたときに汁を大量にこぼして、重曹水で掃除をしたそうですが、キレイになったそう。

しかし、落ちない汚れもあったようで、「もう5年使っている電子レンジは落ちない焦げがあります。小掃除し始めたのはここ2年くらいだし、働いていた時はレンジの掃除なんてしてなかったのでその代償ですね」とのこと。ついてしまった焦げは難しいようですが、重曹水をチンするだけでキレイになるので、汚れがひどくなる前に小まめに掃除ができそうですね。


インスタグラマー あっこさん(akko.2no3さん)より


●あっこさんの「電子レンジ」小掃除テク
1 耐熱容器に水200ccに重曹を大さじ1を入れてかきまぜる。
2 それを5分、レンジでチンしてから、そのまま扉をあけずに30分放置。
3 あとは拭き掃除をして、すきまは綿棒でキレイにすればOK。



インスタグラマー あっこさん(akko.2no3さん)より

この方法は多くのインスタグラマーさんが実践しているのでぜひ試してみるといいでしょう。

■天井と壁は「ドライシート」や「ウェットシート」で拭き掃除
床掃除はまめにしていても、ふだん見過ごしがちなのが天井と壁です。とくに天井は手の届かないところなので、ほとんどの方は掃除することは少ないでしょう。ですが、思いのほか汚れがついています。


インスタグラマー S.mamekoさん(smama_homeさん)より

インスタグラマーのsmama_homeさんこと、S.mamekoさんは、「毎日掃除機をかけてもホコリが落ちてる…それの原因は壁と天井だったのかな」ということで、壁と天井のホコリを取ったそうです。


インスタグラマー S.mamekoさん(smama_homeさん)より

「壁にも掃除機かけたい。でも重たい(笑)。なのでドライシートで1階すべての壁と天井を拭き拭きしました」といいます。

疲れたそうですが、終わってみたらやりがいがあったそう。「こんなに汚かったのかと思うとゾッとする」と、ドライシートの汚さに驚かれた様子。

壁紙がダメになったら嫌だからとドライシートでやったそうですが、これならどのお宅でも気軽にトライできそうですね。


インスタグラマー ひまおさん(himao_homeさん)より

また、こちらのインスタグラマーのhimao_homeさんこと、ひまおさんも、全部屋の天井と壁を拭いたそうです。使ったのは「クイックルワイパーと100均のフローリング用のウェットシート」。

「私、実家暮らしの時を含め、天井と壁の掃除って初めてやったんです」とひまおさん。入居してまだ4ヶ月だし…と思っていたようですが、衝撃的な汚さにびっくりしたそう。


インスタグラマー ひまおさん(himao_homeさん)より

リビングの天井からスタートして、キッチン、トイレ、洗面所…とすべて掃除してみたそうですが、終ってみたら「寝室がいちばん汚れていた」といいます。


インスタグラマー ひまおさん(himao_homeさん)より

ひまおさんのインスタグラムには「え~、壁と天井ってこんなに汚れているの~!?」「わが家もやらなきゃ!」と驚きのコメントが寄せられたようです。天井と壁はふだん掃除をしないだけに、目に見えないような汚れが結構ついていると言えそうですね。

ドライシートで試してみて、もっと汚れをすっきりさせたいときには、ウェットシートで試してみるといいかも。一気にすべての部屋を…となると根気がいるので、まずは気になったところから始めてみては?

■照明の油汚れは「セスキ水」が活躍
ふだん掃除をしそびれているところといえば、照明もそのひとつ。とくに傘のついたデザイン照明は思ったよりもほこりがたまっているはず…。たとえば、インスタグラマーのmaicohomeさんこと、maicoさんのように、ダイニングなどでこうした照明器具を使っている方も多いでしょう。


インスタグラマー maicoさん(maicohomeさん)より

このような場合は、ほこりだけでなく油汚れもついているので注意といいます。
「特にダイニングテーブル上の照明は、ほこり+油汚れだったので、セスキ水を使いました」とmaicoさん。


インスタグラマー maicoさん(maicohomeさん)より


●maicoさんの「照明」小掃除テク
1 ほこりを取る。
2 セスキ水をつけて古歯ブラシで優しく磨く。
(セスキ水は木製品に染みがつく可能性があるので、外せないダイニング照明の場合は、下にタオル敷いた方がいい)
3 浮き出た汚れを拭き取る。
4 パストリーゼで乾拭きして完成。



インスタグラマー maicoさん(maicohomeさん)より

べたべた+ほこり汚れは水だけだと落ちにくく、広がってしまうので、セスキ水を使って掃除をするといいそう。

「セスキのおかげで簡単にスッキリしました!」といいますが、ビフォアとアフターを比べてみるとキレイになるだけでなく、明るさが一段とアップしたように見えますね。

似たタイプのデザイン照明をお持ちの方はぜひ参考にしてみるといいでしょう。

また、一般的によく使われる天井に付けるタイプのシンプルな照明の場合はどうでしょう。


インスタグラマー shokoさん(kota_rohさん)より

kota_rohさんこと、shokoさんのように外して、ドライシートでいったん中のほこりをとってから、水拭きした後、乾拭きして、あとは元に戻せばOKといいます。吊り下げるタイプの照明も外してほこりをとったら、たくさんの汚れがついていたそうです。


インスタグラマー shokoさん(kota_rohさん)より

照明器具をきれいに掃除すると部屋が明るくなって見えるのでぜひ試してみましょう。

■手垢や雑菌のついたドアノブは「殺菌スプレー」で拭く
毎日触るドアノブ。手垢や雑菌が付いていると思いますが、けっこう見過ごしてしまいがちなところ…。
とくにお子さんのいるお宅ではいろいろな雑菌が付いているので、殺菌を兼ねてささっとキレイにしておくといいでしょう。


インスタグラマー ASAMIさん(mori14.homeさん)より

インスタグラマーのmori14.homeさんこと、ASAMIさんは家じゅうのドアノブをパストリーゼという殺菌スプレーで、拭いたそうです。


インスタグラマー ASAMIさん(mori14.homeさん)より

使い捨てペーパーにパストリーゼを吹きかけて、あとは家の中のドアノブを殺菌。家族の指紋や菌を拭きとったら…。


インスタグラマー >ASAMIさん(mori14.homeさん)より

こんなにピカピカになったそうです。
冬場は風邪やインフルエンザを外から持ち帰ることもあるので、ドアノブはまめに拭き掃除をするのをお忘れなく。

ほかにもふだん見落としているところはけっこう多いと思いますが、まずは気づいたところから始めてみてはいかがでしょうか。

どれも簡単にできる小掃除テクなら、思いたったときやほかの家事の合間にもできそうですね。年末の大掃除までに、あるいは大掃除のついでにササッっとキレイにしておくといいでしょう。

今回ご紹介したインスタグラマー

・インスタグラマーのmhh1129さん  
https://www.instagram.com/mhh1129
・インスタグラマーのあっこさん(akko.2no3さん)
https://www.instagram.com/akko.2no3
・インスタグラマーのS.mamekoさん(smama_homeさん)
https://www.instagram.com/smama_home
・インスタグラマーのひまおさん(himao_homeさん) 
 https://www.instagram.com/himao_home
・インスタグラマーのmaicoさん(maicohomeさん)
https://www.instagram.com/maicohome
・インスタグラマーのshokoさん(kota_rohさん)
https://www.instagram.com/kota_roh
・インスタグラマーのASAMIさん(mori14.homeさん)
https://www.instagram.com/mori14.home 


(根本厚美)

当記事はウーマンエキサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ