クリストファー・ノーラン監督最新作『TENET テネット』公開が決定 IMAXカメラで撮影した“謎多き”予告編を解禁

SPICE

2019/12/20 16:40


クリストファー・ノーラン監督の映画『TENET テネット』が、2020年9月18日(金)に公開されることが決定。あわせて、予告編が解禁された。

『TENET テネット』は、『ダークナイト』シリーズや『インセプション』、『インターステラー』、『ダンケルク』などで知られるノーラン監督の最新作。2014年公開の『インターステラー』以来のオリジナル脚本で描くサスペンス・アクションだ。主演に、『ブラック・クランズマン』のジョン・デビィッド・ワシントンを迎え、ロバート・パティンソン(2021年公開予定『The Batman(原題)』、『トワイライト』シリーズ)、エリザベス・デビッキ(『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』)、マイケル・ケイン、ケネス・ブラナーらが共演者として名を連ねている。


解禁された予告編では、冒頭からあるミッションに臨む男の姿が描かれている。「この任務の内容を知りたい」「第三次世界大戦を防ぐ」「死後の世界”へようこそ」と意味深な言葉が様々な人物の口から発せられるほか、タイトルともなっている「TENET(テネット)」なる暗号も登場。設定やストーリーなどが全くの謎のまま、時間や空間がゆがむ独特の映像が次々と展開していく。

出演者のロバート・パティンソンは「長年見てきた中で、一番クレイジーな作品」とコメントするなどいまだに謎の多い本作は、世界7ヶ国をロケ地に、IMAXカメラで撮影されているという。

『TENET テネット』は2020年9月18日(金)IMAX同時上映。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ