英ベアトリス王女の婚約パーティーで“渦中の父”アンドルー王子は姿見せず

英王室エリザベス女王の次男アンドルー王子のスキャンダルにより「婚約パーティーを中止した」と報じられた娘のベアトリス王女が、当初の予定通りパーティーを行っていたことが明らかになった。多数のセレブが出席し華やかな宴となったが、そこに“未来の花嫁の父”の姿はなかったようだ。

9月末に恋人エドアルド・マペッリ・モッツィさんとの婚約を発表したエリザベス女王の孫ベアトリス王女は、未成年買春疑惑の余波を受け、現在公務を自粛中の父アンドルー王子の状況を鑑み「今月18日に予定されていた婚約パーティーを中止にした」と報じられていた。

しかし現地時間19日、『Daily Mail Online』『Hello!』をはじめ多数のメディアが婚約パーティーは当初の予定通り現地時間18日に行われたことを伝えている。会場となったのは大物セレブ御用達の超高級ホテル&レストラン「チルターン・ファイアーハウス(Chiltern Firehouse)」で、ベアトリス王女の母セーラ・ファーガソンさん、妹ユージェニー王女をはじめ、キャサリン妃の妹ピッパさん&ジェームズ・マシューズさん夫妻、10月に婚約を発表したキャサリン妃の弟ジェームズさん&アリジー・テヴェネットさん新婚の英歌姫エリー・ゴールディング&キャスパー・ジョプリングさん夫妻、そして米俳優ロバート・デ・ニーロら豪華な顔ぶれが一堂に会した。

ところがこのおめでたい席に、最後まで姿を現さなかった人物がいた。他ならぬベアトリス王女の父アンドルー王子である。やはりスキャンダル渦中であるがゆえにパパラッチの報道がいつも以上に過剰になること、また自分が出席することで会場が気まずい雰囲気になってしまうかもしれないという不安から娘を気遣っての決断だったのだろう。

ちなみにスキャンダルによる影響を重く受け止め「当面の間、公務から退く」と発表したアンドルー王子は、18日の昼に自らハンドルを握ってバッキンガム宮殿へと向かい、母エリザベス女王主催の毎年恒例の私的行事であるクリスマスランチには顔を見せていた。

アンドルー王子が王室メンバーとしての務めを一時的に見合わせると発表したことで、ベアトリス王女は妹ユージェニー王女が昨年10月にウィンザー城のセントジョージ礼拝堂で行ったような豪華な式を挙げるのは「難しいのではないか?」とも言われており、現在のところロイヤルウェディングの日取りや場所なども公表されていない。一部の関係者は、

「ベアトリス王女は、父アンドルー王子の巻き添え被害に遭ったようなものですよ。」

「彼女が生中継も入れず、人目を避けたひっそりとした結婚式を挙げ、後日ほんの数枚の写真が公開されるだけだとしても私は驚くことはないでしょうね。」

と地味婚になると見ているようだ。世間が「父親のスキャンダルのせいで、幸せの絶頂から突き落とされてしまった」「本当に気の毒」とベアトリス王女を同情する意見を寄せるなか、一部報道では「アンドルー王子は今も娘とバージンロードを歩く日を待ち望んでいる」と伝えている。はたして来年のベアトリス王女の挙式は、ロイヤルファミリーらしい派手婚となるのか、もしくは超地味婚になるのか? 挙式の詳細発表には引き続き人々の関心が集まっている。

(TechinsightJapan編集部 c.emma)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ