窪田正孝が“ペンギン”に?奇妙な三角関係描く『ファンシー』

dwango.jp news

2019/12/16 09:00


原作:山本直樹×主演:永瀬正敏×共演:窪田正孝、小西桜子でおくる元彫師の郵便屋と恋多き詩人の現実と幻想の狭間で揺れる、奇妙な三角関係を描いた『ファンシー』が2020年2月7日(金)にテアトル新宿ほかにてロードショー公開となる。

「あさってDANCE」「BLUE」「ありがとう」などで熱狂的なファンを獲得し、連合赤軍をモデルにした「レッド」で文化庁メディア芸術祭漫画部門の優秀賞を受賞した山本直樹の異色の短編「ファンシー」に独自の脚色を施した本作は、現実とファンタジーの狭間を揺らめく男女3人の関係性をスリリングに映し出す。時が止まったかのような温泉街の独特の空気感とエキセントリックなキャラクター、ハードなセックスとバイオレンス描写が錯綜する映像世界。それぞれの愛を探し求める郵便屋、ペンギン、月夜の星の3人は、あてどない漂流の果てに何を見つけるのか。はかない一瞬の映像詩のようでもあり、不思議と生々しく心にまとわりついてくる独創的なエンターテインメントがここに誕生した。

この度、解禁となったメインビジュアルは、永瀬正敏、窪田正孝、小西桜子の3人による、ミステリアスな三角関係が伝わるビジュアルとなっている。1日中サングラスをかけている謎めいた郵便屋の【鷹巣明】。ロマンティストなポエム作家の【ペンギン】。ペンネーム“南十字星ペンギン”の熱狂的なファンである女性【月夜の星】。交わるはずのなかった男女3人の奇妙な三角関係は、町のヤクザの抗争とも絡み合いながら、激しく危うげにねじれていく…。

山本直樹の原作漫画ではペンギンそのものとして描かれる、窪田正孝扮する詩人。本ビジュアルにはペンギンの被り物をして顔を隠している奇妙な姿が写し出されている。キャッチコピーは「だって おまえじゃ どうしようもないじゃないか。」これは山本直樹の原作にもある、鷹巣がペンギンに向けて放つ台詞。

性的不能な【ペンギン】は、盲目的に自分を慕ってくる【月夜の星】に対して、好意はあっても体を重ねることができない。【鷹巣】が、そんな【ペンギン】に対して冷たく現実を突きつける印象的な台詞だ。この後、【鷹巣】と【月夜の星】は運命に導かれるかのように、激しい情事に身を焦がしていくことになる・・・。

■ストーリー

とある地方の寂れた温泉街。時が止まったように昭和の面影を色濃く残すこの町で彫師稼業を営む鷹巣明(永瀬正敏)は、昼間は郵便配達員として働き、町外れの白い家に住む若き詩人にファンレターを届けている。一日中サングラスをかけている謎めいた鷹巣と、ペンギン(窪田正孝)と呼ばれる浮世離れしたポエム作家はなぜかウマが合い、毎日たわいない雑談を交わしていた。そんなある日、ペンギンのもとに彼の熱狂的なファンである月夜の星(小西桜子)という女子が「妻になりたい」と押しかけてくる。折しも地元の町では、ヤクザの抗争など血生臭い出来事が続発。やがてニヒルで粗暴な鷹巣、ロマンティストで性的不能のペンギン、少女のように夢見がちな月夜の星が陥った奇妙な三角関係は、激しく危うげに捻れていくのだった……。

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ