映画で始まった日本アニメは、テレビを経由して、映画に戻れるのか?

劇場版『Gのレコンギスタ I』「行け!コア・ファイター」公開の富野監督が映画を語り、いろいろ発表前の押井監督も映画を語る。映画で始まった日本アニメは、テレビを経由して、映画に戻れるのか?

【コラム】現実逃避に首ったけ⁉

(1)アニメじゃないよ映画だよ、アッという間に何になる?

劇場版『Gのレコンギスタ I』「行け!コア・ファイター」が、最初は2週間限定として劇場公開されていました。
 まだ劇場には足を運べていないのですが(これを書いている今が第一弾の最終日、2020年1月からのセカンドランもあるのだが) 、アニメージュプラスの過去記事では、「もしできることならば始め3分を観て頂けませんか?」と富野由悠季監督の言葉を使いながら、劇場版の紹介していました。※「始めの3分」の動画がある記事はコチラ

過去記事:富野由悠季総監督「もしできることならば始め3分を観て頂けませんか?」劇場版『Gレコ I』冒頭映像がウェブ解禁(アニメージュプラス)

TV版の『Gのレコンギスタ』放送から5年、富野監督はずっとこの劇場版へのリメイク作業に専心していたのは知っています。某仕事で、5年前に『Gレコ』スタジオをお尋ねしたのですが、TV放送終了からしばらくした時期、すでに劇場版の修正作業に移行していらっしゃいました。
 今年は、全国6カ所で開催される『富野由悠季の世界』展のうち、まずは第1会場・福岡、第2会場・ 兵庫が消化されていますが、どちらも盛況のようで、来年にも上手くつながっていくだろうことは寿ぐべきことです。

過去記事:「アニメは映画だ」富野由悠季監督の魅力が回顧展となって全国巡回中!(アニメージュプラス)

富野監督は、日本(TV)アニメ史のなかで、前例のない新機軸の作品をもっとも多く生み出したといっても過言ではない革命者です。しかし自らが生み出した『機動戦士ガンダム』の人気・ビジネス規模が大きくなりすぎたという呪縛に、ずっと戦い続けなければならなくなった宿命のひとです。
 一時期は「バイストン・ウェルの物語」によって払拭しようと試みたのですが成功にまで至らず、今回は(最初の『機動戦士ガンダム』劇場3部作よりも慎重なやり方で)「映画」という土俵を設定することで、幻影としての敵「ガンダム」を凌駕しようとしているのでしょう。
 革命と宿命。ああ、富野監督はやっぱりチャーミングだ。
 しかし、その「劇場版」と銘うたれた『Gレコ』はたぶん、各種方式による配信が同時に行われ、最終的にはパソコンや携帯で観る人間のほうが多くなってしまうのでしょう。

となると、同時に考えざるをえません。
 アニメーションはどうしたら「映画」になるのでしょうか?
 「映画」っていったい何なのでしょう。その必要条件、絶対条件は?

ネットの「文春オンライン」で、押井守監督が話している記事が、ほぼ同時期に配信されており、そこでは押井さんがやはり「映画」について話していました。

参照記事:「あの事件でスピルバーグは過去の遺物になった」押井守監督が感じた”ハリウッドの破壊者”の限界(文春オンライン)

内容は個人的に聞いたこともある話で、昨今の「映画」の視聴の現状、制作の現状についてが記されていました。
 いくつかの押井さんの本の編集に関わりましたが、フレーズとして何よりも、斬新だったのが2004年発売の書名にもいたしました『すべての映画はアニメになる』です。もう15年以上の歳月がたっているのですがまさに予言です。なんせ、実際そうなってしまったのですから。
 実写映画とはいえ、CGを使ったシーンにはあらかじめ絵コンテが必要であり、文字の脚本のみで撮り進められる映画作品、シーンの比率は年々どんどん下がっているでしょう。世界的ヒットをかさねた「マーベル・シネマティック・ユニバース」作品(以下、MCU)で、俳優の自由度はどれくらいあるのでしょうか。

もともと日本での商業アニメの歴史のおおきなスタートラインは、戦後の東映動画の劇場長編アニメとなりますが、それが手塚治虫の『鉄腕アトム』のテレビ放送がはじまることで時代が変わりました。東映動画から旧虫プロに移籍した過去をもつ杉井ギサブロー監督は「手塚先生はアニメという発明をした」と肯定的な見解を示していましたが、同じ東映動画出身でも宮崎駿監督はその変容をネガティブなものとしてとらえ、一時期は手塚批判の発言をしていました。つまり、スタジオジブリの成功は、「アニメ」によって席捲された領土を、「アニメーション」の正当な嫡子が貴種流離譚のように舞い戻ったということなのです。


話を「映画」に戻しましょう。映画が映画たりえる構成要件は明言できるのでしょうか。

【尺】=上映時間でしょうか。それならかつて日テレ24時間テレビ内のアニメ枠作品は?
 また、今回の『Gレコ』もそうですが、何部作といった形式はどうなのか(『宇宙戦艦ヤマト』からのこの公式がビジネスとしてのアニメを再生しました)?

【上映場所】=公開が、劇場なのか否かでしょうか。
 ここでは、押井さんの語る「ネット配信否定論」(詳細は上記サイトを)が重要となります。
 また、「MCU」をアトラクションイベントと批判したマーティン・スコセッシ監督の新作『アイリッシュマン』が劇場公開よりもNetflixでのネット配信がメインになっている事実をどうとらえたらいいのでしょうか。

【予算】=投資規模であり稼働人員、制作時間、のことになります。つまりどれくらいの回収規模が見込めるのかといった商業的な逆算が根拠となります。
 上記サイトのインタビューでは、富野監督の発言から背景やディテールの徹底した件が拾われています。

【制作主義】=つくる側が「映画」をめざせば「映画」となる精神論。

【観客主義】=観る&観た側が「映画」として認識すれば「映画」であるという認識論。

押井さんは「映画」の特性として「時間の操作」をあげ、「アニメ」については、実写映画のように演出・編集による以外に、全ての動きにおいて「時間」を作り上げることが出来る旨を「やりがい」のひとつと語っていました。庵野秀明監督の『シン・ゴジラ』などまさに、「俳優の演技」よりも「時間の操作」を演出の主眼とした、代表的な「映画」とも思えます。

はたして、「映画の本質」「映画が映画たる根拠」はどこにあるのでしょうか。
 押井さんは「映画は鑑賞した観客同士のコミニュケーション、語られることによって完成する」として、公共性のある場として「劇場」の重要性を訴えていましたが、そういった「場」がいつまで維持できるのか。

実写の監督とアニメの監督では、そこに見ているものは違うのでしょうか。

様々なカルチャーが、旧来の基盤を失い、新たに根を張る場所を模索している昨今の問題のひとつに「映画」があるのは確かでしょう。
 ジャンルは違いますが、「サブカル」の変化と根拠そして日々更新される分断について、「猫舌SHOWROOM 豪の部屋」で吉田豪&松永天馬(アーバンギャルド)のふたりが語っていて、それら実は通底する問題ではないかと視聴しながら感じていました。黙認YouTubeは以下、

参考動画:豪の部屋 ゲスト:松永天馬 2019年12月10日(YouTube)

押井監督の記事の末には「インタビューの全文は『週刊文春エンタ! アニメの力。』に掲載されています」とあるのですが、その収録媒体が「ローソン限定発売」という分断された販売形式となっているのです(本来、定価四九九円と記されているのですがAmazonでは「新品¥1500」となっています)。

ネットによって「繋がった」と思っていたら、いつのまにか「分断」されてしまった今、この冬もいくつか話題の映画が公開されます。たぶん、かつてのアニメブームを背負ったはずの年長のアニメファンは『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』に疑いなく足を運ぶか、もしくはちょっと首をひねりながら『ルパン三世 THE FIRST』に行くのでしょう。しかし、アニメが好きで幾度も劇場でアニメを観た経験のある彼や彼女は、『アナと雪の女王2』の公開館に足を運ばず、そんなこと関係なく、なにより大ヒットするのは『アナと雪の女王2』にきまっているのです。 ほかにもたくさんあるのですが省略させていただきます。

ということで、無性に「映画」のことが知りたくなったのですが、きっと、私がいまのいま知りたいことは、蓮實重彦を再読しても仕方ないので、いろいろ考えてみたいと思う年末です。
 ここ数年のうちに庵野秀明と宮崎駿の新作が劇場公開されるのですから、それまでの宿題といたしましょう。
 『ドラえもん』や『クレヨンしんちゃん』はゴールデンタイムから撤退してしまいましたし、テレビアニメというジャンルも、あと何年もつのか分からないのですから、考える猶予はそれ程長くないかもしれませんが。

当記事はアニメージュプラスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ