ちょっとだけ仲のいい男性の8つの脈ありサイン

カナウ

2019/12/15 07:30


ちょっとだけ仲のいい男性の8つの脈ありサイン

「少しだけ仲はいいんだけど、なかなか関係が発展しない」
「よく顔を合わせていて気になる彼。でも、相手の気持ちが全然わからない」
……男女が仲良くなるには時間がかかることもありますよね。
例え、仲良しの男性でも難しいのに、少しだけ仲が良い彼の気持ちを知るのはもっと難しいもの。

そこで今回は、ちょっとだけ仲のいい男性がチラ見せするよくある脈ありサインをご紹介していきます。

目次


ちょっとだけ仲のいい男性の脈ありサイン1 男性関係に嫉妬する



「デートした」などの報告に対して、嫉妬してくる、ということはあなたを異性として魅力的だと感じているということです。

一方で、異性関係を大っぴらに話しても、なんとも感じていないようであれば、友達としては好かれていても、異性としては好かれていない可能性が高いと言えるでしょう。

ちょっとだけ仲のいい男性の脈ありサイン2 距離が近い



歩いているときや、座っているときの距離が近いという場合、それは、あなたとの心理的距離が近く、さらに近づきたいと思っている証拠です。

向かい合わせの席が空いているのに、横に座ってきたり、密着しようとしてきたりする場合は、脈ありと言えるでしょう。

ちょっとだけ仲のいい男性の脈ありサイン3 ロマンチックなプレゼント



商品券などの実用的なプレゼントではなく、花や手紙、アクセサリーなどロマンチックなプレゼントをくれる彼は、あなたにロマンチックな気持ちを抱いていると考えられます。

ちょっとだけ仲のいい男性の脈ありサイン4 お土産を買ってくる



お土産を買ってくる、ということは旅行先でもあなたのことを考えているということ。

つまり、彼にとってあなたは大切な人だということです。

ちょっとだけ仲のいい男性の脈ありサイン5 女性側の都合を優先



彼にとって都合のいい場所ではなく、あなたにとって都合のいい場所を指定してきたり、彼が観たい映画ではなくあなたが観たい映画を見ようと誘ってきたりする場合、彼はあなたのことが好きで大切にしたいと思っているということです。

ちょっとだけ仲のいい男性の脈ありサイン6 酔ったときに連絡してくる



酔ったときに電話したい相手があなただ、という場合、あなたは彼にとって「甘えられる存在」か「普段から電話をしたいと思っているけれど電話をかけるのは勇気がいる、と考えるほど意識している存在」のどちらかです。

どちらであっても彼があなたに好意を抱いているのは明白です。

ちょっとだけ仲のいい男性の脈ありサイン7 体に触れる



帰り際にちょっと肩を触る、笑いながら腕に触る、など、体に触れてくる場合、単にその人の癖だという場合もありますが、「この人に触りたい」という性的欲求が含まれている場合もあります。

ちょっとだけ仲のいい男性の脈ありサイン8 目を見つめてくる



好きな人の目を見つめたい、と思うのは男女同じです。

複数人でいるときに目がやたらあうとか、彼に見つめられている気がする、という場合、彼はあなたに恋愛感情を抱いている可能性が高いと言えるでしょう。

脈ありサインを出してみよう!



彼から脈ありサインを感じたら、自分からもアプローチしてみましょう。

ほとんどの人は、まったく脈がない人にアプローチすることはありません。両思いになりたいなら、お互い積極的に脈ありサインを出していく必要があるのです。

今来 今/ライター

当記事はカナウの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ