Superflyが描く喜美子の心の灯火「フレア」の意味とは

UtaTen

朝の癒しを与えてくれるテーマ


画像引用元 (Amazon)

2019年後期より放送が始まったNHKの連続テレビ小説『スカーレット』。その主題歌として書き下ろされたのが、Superflyの『フレア』である。

▲[スカーレット] 主題歌/Superfly「フレア」/タイトルバック映像 | NHK

軽やかなピアノの旋律と共に、愛らしいキャラクターがろくろの上を駆け回るOP映像は、朝ドラ視聴者の心を癒してくれる。

一方、ドラマ開始から遅れて動画サイトで解禁されたMVは、瞬く間に80万再生を突破した。こちらもSuperflyらしく、ポップで幻想的な作品に仕上がっている。

▲Superfly-フレア(Music Video) NHK連続テレビ小説「スカーレット」主題歌

主人公・喜美子のテーマソングとも言えるであろうこの楽曲。Superflyはその歌詞にどんな意味を持たせたのだろうか。

「フレア」は心の中で燃えている



優しく語りかけるような楽曲の入り。越智志帆の優しく伸びやかな歌声が印象的だ。彼女の音楽性は、ドラマの世界観にもスッと馴染んでいる。

「揺らぐ残り火」はおそらくMVでもテーマにされ、楽曲のタイトルでもある『フレア』そのものであろう。この「火」に込めたものは何だろうか。



様々な人と出会い、時には女の子らしい恋もする。辛い出来事に見舞われ、でもどうにかして乗り越えなくてはならないこともある。人は、そんな様々な経験の積み重ねで生きているのだ。

楽しいことばかりでは生きていられないが、何とか楽しく乗り越えていこうとする。笑顔の印象的な喜美子を連想させる歌詞である。

「火」は、おそらく人生のエネルギー。自分自身の夢や信念、守るべき個性のようなものだ。世間の荒波や自分の弱さから守り、絶やしてはならない大切な灯火である。

彼女の強い心の象徴でもあるそれは、太陽のような強く明るい存在でありたいと願いながら、燃え続ける。

歩む道を照らす、小さな灯火




自分の進む道は正しいのか、間違った選択をしてしまったのではと不安になってしまうこともある。

そんな迷いが生じたときは、自分の中の灯火をじっと見つめよう。きっと良い方向へと導いてくれる。

誰かを心から信じる。自分の力を信じて踏み出す。生きる上で、意外と難しいことだ。

それでも、彼女はその想いを育てたいのだという。そうすることにより、自分の強さや豊かさに繋がると信じているのだろう。それもまた彼女が自分の心の『フレア』に従った結果だ。



喜美子は、これから先どのような人生を送っていくのだろうか。既に幾多の出会いと別れを経験し、彼女の前には次々と困難が立ちはだかる。

しかし、彼女ならきっとそれらを乗り越えて前に進むことが出来る。楽曲『フレア』は、そんな健気な彼女に捧げる応援歌であり、そんな明るい未来を確信している歌である。

TEXT 島田たま子

当記事はUtaTenの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ