成田凌、シンメトリーに大興奮「宮本亞門さんとか羨ましい」

※画像は、『バナナマンのドライブスリー』公式Twitter より

 

12月10日放送の『バナナマンのドライブスリー』(テレビ朝日系)に、成田凌がゲスト出演。バナナマンの設楽統と日村勇紀とドライブをする中で、シンメトリーの景色に大興奮するなど、奇妙な生態を披露した。

 

成田凌「宮本亞門さんとか羨ましい」

 

シンメトリーに興奮するという成田。道路を走行中、路面に「出口」と書かれているのを指さし、縦書きにすると左右対称になる文字に対し「気持ちいいんですよ」と目を輝かせる。続けて「自分の会社に出口豊って方がいらっしゃるんですけど、もう完璧なんですよ。もう羨ましいと思って。宮本亞門さんとか。もう縦書きにしたい」と力説し「子供ができたら本当にシンメトリーの名前にしようと思ってます」と明かした。またトンネルでは「真ん中を走りたい」と言い、アジの開きなどは「横になってるものを縦にしたい」と言いバナナマンを笑わせた。

 

そして1軒目、館内が見事なシンメトリーとなっている「大森ベルポート」で撮影したいという成田。その道中、車外を指さしては「同じものが連なってるものもすごく好きなんですよ。ああいう団地とかも最高です」とシンメトリーな巨大団地に大興奮し「いつもマネージャーさんが運転する車で移動して、こう悶々と『ああ、いいないいな』って思ってるけど口に出さなかった“あの気持ち”を口に出せて全国の方に言えるっていうのが(嬉しい)」とワクワクが止まらない。

 

そんな成田が、シンメトリーな食べ物「おにぎり」を買いに行くと言う。しかし成田が「でも割と僕、潔癖気味なんですけど」と告白すると、人の手で握るおにぎりをチョイスした成田に、日村が「アハハだめじゃん!おにぎり」とツッコんだ。

 

設楽が「でも店のは大丈夫なんでしょ?」と尋ねると「おばあちゃんが作るとか上手そうな『手』あるじゃないですか。あれなら大丈夫なんですよ」と言い「若者の握ったおにぎりは多分食えないです」と明かした成田だった。

 

(めるも編集部)

 

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ