斉藤壮馬さんに聞く『モンストアニメ』の魅力! 5大英雄リレー企画

シリーズ全体を通し4億回再生を突破したアニメ『モンスターストライク』(以下、モンストアニメ)は、いままでの全章を公開しながら最終章『エンド・オブ・ザ・ワールド』をYouTube内の公式チャンネルにて好評配信中。その最終章『エンド・オブ・ザ・ワールド』は、それぞれのシリーズで活躍してきた5人のヒーローたちが大集合する記念すべき作品になっている。

本作では、ノア(CV:斉藤壮馬)、パンドラ(CV:小倉唯)、ソロモン(CV:内田真礼)、アーサー(CV:水樹奈々)、ルシファー(CV:日笠陽子)と演じるキャストも実力派ぞろい。

この企画では、ヒーロー演じる5名にリレー形式のインタビューでこれまでの『モンストアニメ』や最終章『エンド・オブ・ザ・ワールド』の魅力を語っていただいている。

第1回目はノア役の斉藤壮馬さんにインタビュー!
ノアは、本年7月から配信した、『ノア 方舟の救世主』(全6話)の主人公。まずは、『モンストアニメ』の魅力、現在も視聴することができる『ノア 方舟の救世主』についてお聞きしました。

▲斉藤壮馬(ノア)

――『モンストアニメ』がテレビ放送ではなく、YouTubeにて配信されている魅力は?
斉藤 やはり、観たいと思ったときにすぐに観られるところではないでしょうか。場所を選ばず、しかも繰り返し観られるのは嬉しいですよね。それでいて毎話素晴らしいクオリティの映像なので、まったく飽きがこない。まさに今の時代に作られるべきアニメーション作品だと思います。

――ノアが主人公の『ノア 方舟の救世主』を振り返っての感想をお願いします。
斉藤 ノア編はポストアポカリプス的な雰囲気があり、SF好きの自分としては非常にたまらない世界観でした。ノアのキャラクターがすごく魅力的で、荒廃した世界を4人で旅をしていくのがとても楽しかったです。ストーリーもとてもエモーショナルで、ラストは心が動かされました。

――ご自身が演じたノアの魅力について教えて下さい。
斉藤 ノアの見た目は若いですが、身体のパーツを入れ替えながら長い間生きてきたという設定なので、中身はどこか老成しています。そういう浮世離れしているようなノアの感性が、他のキャラクターたちとの会話の際にいいアクセントになっていると思います。

――特に印象に残ったノアのセリフやシーンはありますか?
斉藤 これも同様で、たとえばノア編1話で、自分の危険もいとわずに猫を助けてあげるところなどに、ノアの少しずれた感性と素朴な優しさが滲み出ていると思います。オペコとの掛け合いのシーンはいつも軽妙で楽しかったですね。

――ご自身のキャラクター以外に好きなキャラクターは?
斉藤 やはりノア編に出ていたキャラクターたちの印象が強いですね。世話焼きで頼れる、でも可愛らしいオペコ、トリッキーな行動でいつも楽しませてくれるパンドラ、そしてケセド。ケセドとの掛け合いは、どのシーンもとても印象に残っています。

▲左からノア(CV:斉藤壮馬)、パンドラ(CV:小倉唯)、オペコ(CV:田所あずさ) (C)XFLAG

★最終章『エンド・オブ・ザ・ワールド』と集結する5人のヒーローについて!

――最終章『エンド・オブ・ザ・ワールド』の見どころを教えてください。
斉藤 やはりなんといってもキャラクターたちの共闘ではないでしょうか。
ぼく自身もノア編からの参加でしたが、全員集合編では他のキャラクターたちとの掛け合いがとても楽しかったですね。それぞれのエピソードで活躍していたヒーローたちが勢ぞろいするという展開がとにかく熱いです!

――5人のヒーローの中で、斉藤さんの理想のヒーローは誰ですか?
斉藤 ルシファーのような、影のあるキャラクターがすごい好きなので、ルシファーが一番理想的かな。とはいえ、やっぱりノアも格好いいですよね。ノアの羽衣が戦う際にかなり便利そうなので、使ってみたいですね。

――他のヒーローと比べて、自分のキャラしかもっていない強みはどこだと思いますか?
斉藤 ノアは他のキャラクターに比べて機械操作が得意な点が特徴的ですよね。具体的にはあまり描写はされていませんが、かなりロジカルに戦闘を組み立てるタイプなんじゃないかなと思います。上にも書きましたが、羽衣は遠近どちらの攻撃も可能なところが強いですよね。

――プライベートで遊べるとしたら、5人ヒーローのうち、誰と何をしたいですか?
斉藤 5人だと誰だろう、遠巻きに見ていたい気もしますが(笑)。ノアの船に乗っていろんな宇宙を旅してみたいですね。一生のロマンです。オペコと買い物をするのも楽しそうだなあ。

★斉藤壮馬さんご自身について、教えてください!

――オペコが童貞を殺すセーターを着るシーンがありますが、斉藤壮馬さんがグッとくるコスチュームを教えてください。
斉藤 なんだろう……ふだん眼鏡をかけない人がオフモードで眼鏡をかけているところとかでしょうか。なにかしらいつもとギャップがあるとグッとくるかもしれません。

――エンド・オブ・ザ・ワールドということで、もし世界最後の日が来たとしたら、その日、なにをしますか?
斉藤 お酒を飲みながら美味しいものを食べて、笑って、幸せに眠るように迎えたいですね。最後の最後にどうなるのか見てみたいなあ。

――最後に、ファンの方にひと言お願いします。
斉藤 ノア編から参加させていただきましたが、毎回クオリティの高さに感動しながらアフレコをさせていただきました。いよいよ5人が集結した最終章です。きっとご満足いただけるクオリティになっていると思いますので、何卒よろしくお願いいたします!

★次のヒーロー、パンドラ役の小倉唯さんにバトンの受け渡し!

――次回のインタビューは、パンドラ役の小倉唯さんにお願いしたいと思います。斉藤さんから小倉さんへ、またはノアからパンドラに自由に質問をどうぞ!
斉藤 パンドラはとても個性的なキャラクターですが、あの演技プランはどうやって構築されたのでしょうか。持っていったキャラクターのイメージ、実際のディレクションを受けて変わった点などをお聞きしたいです。

【プロフィール】
斉藤壮馬:4月22日生まれ、山梨県出身。代表作としては、『うちタマ?!~うちのタマ知りませんか?~』岡本タマ役、『ピアノの森』一ノ瀬海役、『SSSS.GRIDMAN』内海将役、『アイドリッシュセブン』九条天役などがある。

当記事はアニメージュプラスの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ