「世界で最も美しい顔」に変化? CG“アリータ”ノミネートにネットも驚き

クランクイン!

 年末年始にTC Candlerが発表する毎年恒例の「世界で最も美しい顔100人」。一般からの推薦を参考にしながらノミネートを決定しているとのことだが、今年は映画『アリータ:バトル・エンジェル』の主人公アリータがノミネート入りを果たした。

日本時間12日にTC Candlerの公式インスタグラムで発表されたアリータのノミネート。ハッシュタグには「#FIRSTDIGITALFACE(最初のデジタルの顔)」とあり、アリータを演じた女優のローサ・サラザールではなく、CG合成のアリータのビジュアルが投稿されている。

アリータのノミネートに対して、「なぜ???」「ローサ・サラザールをリスペクト」「泣けるよ。誰の仕業だ」「TC Candlerは今年、総力を上げてノミネートしてるね」といった様々な反応が寄せられている。

映画『アリータ:バトル・エンジェル』は、ジェームズ・キャメロンが製作した、木城ゆきとの漫画『銃夢』が原作のハリウッド実写映画だ。サイバー医師のイドによって再生されたアリータは、支配する者とされる者の2つに分断された世界で生きる、大きな瞳が特徴的なサイボーグ少女だ。

果たしてアリータは「世界で最も美しい顔100人」2019年版に名を連ね、史上初の快挙を成し遂げるのか。今から発表が楽しみだ。

引用:「TC Candler」インスタグラム(@tccandler)

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ