イオンの狂気「タピオカ醤油漬けおにぎり」を正直にレビュー / 万全の覚悟をブチ抜くまさかの味



先日から、とあるおにぎりが主にネットを中心に世間をザワつかせている。全国いたるところにある、ごく普通のスーパーのあの「イオン」が生み出した「タピオカ醤油漬けおにぎり」だ。

名前の時点で出オチどころの話ではない。一体何が起きてGOサインが出たのか。イオンってネタに走るような会社だっけ? それともうっかり漏れ出た狂気が具現化したのだろうか。とにかく食ってみたぞ!

・イオン
このおにぎりの存在を知ったとき、どうせ一部のイオンでしかないんだろうとか、どうせ極少数だとかそんな感じに思っていた。きっとその辺のイオンじゃ売っていないだろうと。

むしろ無いほうが良いなと思いつつも近所のイオンに行ってみると、普通にあるではないか。

ラベルには「昭和 VS 平成・令和 おにぎり選手権」などと書いてある。なるほど、このおにぎり選手権なる企画の平成・令和枠で、始まって間もなさすぎる令和のネタに困って安易にタピオカに泣きついた感じだろうか?

まったくの推測だが、でも結構自信があるぞ。令和に入ってから今日までで、最も流行ってた飲食物といえばぶっちぎりでタピオカミルクティーだろう。

もしかしたら「ミルクティーおにぎり」とかを生み出さなかったことから、まだイオンは正気だといえるのかも知れない。……いや、引き返さなかった時点でどうかしているな。価格は税込み127.44円。

・タピオカ醤油漬け
包装はごく普通のおにぎりである。成分表を見ると、そこには「タピオカ醤油漬け」の記載が。タピオカと醤油ではなく、あくまでタピオカ醤油漬けなもよう。

開封してもやはり普通のおにぎり。

しかし割って出てくるそのプニついたsilhouette(シルエット)は……

まぎれもなくタピオカ

まあチラ見した程度ならイクラに見えなくも無いけど。でも隠し切れない違和感がある。やはりまぎれもなくタピオカである。

・完全に予想外
どこまでも正気の存在が希薄すぎる「タピオカ醤油漬けおにぎり」。もはや何が飛び出そうと驚かない覚悟ができていたつもりだったが、その味にはそんなものワンパンで吹き飛ばすレベルの驚きが待ち構えていた。

_人人人人人人人人人人人_
> 普通にイケる……! <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄


それどころか美味い気がする。ビビって1つしか買わなかったが、食べ終わる頃にはもう1個くらい食っても良いなぁとか思っていたレベル。これはやられた。絶対マズいと思ってたし

にわかには信じがたいかもしれないが、本当にそこそこ美味いのだ。なんだろう。醤油を塗って焼いた餅みたいな、そんな感じの味と食感なのだ。質がイマイチなイクラのおにぎりなんかよりもずっと美味い。

そういえば前に、当編集部の佐藤が「タピオカ漬け丼」なる狂気の産物を食し、「結構ご飯と合ってる」と評していた。半ば味覚がどうかしているんだろうと思っていたが……そうか、こういうことか……!

はい、これはちゃんと美味しいです。マジに飛ばしとか煽りとかじゃなく、普通におにぎりとしてイケてる感じです。

もちろん、タピオカがおにぎりの具として革新的に優れているとまでは言わない。微妙なポイントを挙げようと思えば、それなりに出せるだろう。

でも「タピオカ醤油漬けおにぎり」にダメ出しするのと、たとえば「明太子おにぎり」とか「昆布おにぎり」にダメ出しする難易度は同じくらいだと思う。それくらいのクオリティに仕上がってる。タピオカ強い。

Report:江川資具
Photo:RocketNews24.

画像をもっと見る
Related Stories

当記事はロケットニュース24の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ