「嘘でしょ…そんな言い方ある?」今まで受けた衝撃的な告白4選




告白というのは基本的に、とてもロマンチックなものであるはずなのです。好きではない相手からの告白だとしても、好きだと言ってもらえるのはうれしいですし、ましてや好きな相手からの告白となればうれしくないはずがありません。
ですが、一概にそうとも言い切れないかもしれません。どうやら世の中にはせっかくの告白を台無しにする告白というものがあるようなのです。

1. 付き合ってくれないと末代まで恨む

「けっこう前の話ですが、『付き合ってくれないと、君が住んでいるマンションの屋上から飛び降りるから。あと、末代まで恨むからね』と言われたことがあります。怖かったです」(27歳/事務/女性)

▽ 実行しないにしろ、脅しともとれる告白をされてOKを出すひとなんているはずがありませんよね。相手の負担となる告白は自重していただきたいものです。

2. ブスのほうが好み

「『俺さ、みんながカワイイって思う子のことはあまり気にならないのよ。お前くらい不細工なほうがちょうど良いんだわ』と告白されたことがありますが、失礼すぎませんか?」(32歳/フリーランス/女性)

▽ 告白をするということは、好意があるということですよね? それなのになんとまあ捻くれたセリフなのでしょう。もしかして、好きな子につい意地悪したくなるというアレなのでしょうか?

3. 最終決断は相手に丸投げ



「『どうする? 付き合ってみる?』と言われて、男気がないなと思いました。決めるときにビシッと決められないひとは嫌ですね」(32歳/営業/女性)

▽ こんな中途半端な告白では、ガッカリすることこの上ありません。告白してきたのなら、最後までしっかり伝えきってもらいたいものです。
なにも、ものすごく手の込んだサプライズありきの告白をしてもらいたいと言っているわけではないのです。ただ、ここぞという場面ではもっとしっかりしてほしい……それだけのことです。

4. 交際は内密に…

「内緒で付き合うことを提案されたことがありますが、どういう気持ちでそういうことを言うんでしょうか。私と付き合うのが恥ずかしいなら、付き合わなければいいじゃないですか」(25歳/保育士/女性)

▽ たとえばお互いに社内恋愛禁止の会社に属していたりするというのであれば、交際自体をひた隠しにしなければならないというのもわかるんですよ。むしろ、そうしなければ付き合えませんからね。
ただ、そういった特別な理由もなしに内緒で付き合う意味や理由がわかりません。堂々とできない交際にどのようなメリットがあるというのでしょうか?

おわりに

告白をされれば大抵の場合はうれしくもなるというものですが、照れてしまうせいなのか、この基本概念さえも覆す衝撃の告白をしてしまう男性たちも一定数いるようです。とはいえ、少なからず告白をするためには勇気が必要です。その気持ちだけは無下にしてはいけないとは思うのですが……。
さて、うれしくない告白をされたとき、皆さまはどのように応えますか?

当記事は女子力アップCafe Googirlの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ