マツコ、副業をする上での心得を説く「本業ありきってことを忘れちゃダメ」

※画像は、『マツコ会議』公式サイトのスクリーンショット

12月7日放送の『マツコ会議』(日本テレビ系)では、副業で大きく稼いでいる一般の人々が登場しノウハウを紹介、その様子にマツコ・デラックスは感心しながらも副業の本質を語り、一同を納得させる展開となった。

 

マツコ「副業は本業ありきってことを忘れちゃダメ」

 

副業を行っている人々の情報交換会に潜入したスタッフ。そこには様々な人が話し合いを行っていたが、まず登場したのは大手飲料メーカー勤務で、副業としてメールソフト活用術の講習を行っている人物だった。

 

マツコが「副業をやる上での注意点は?」と聞くとその人物は「本業をより頑張る、地に足をつけるということじゃないですかね。僕は本業の仕事がとても楽しいです」と返答。これにマツコは「そこ(本業)をおろそかにして副業にのめりこんでしまったら、副業ってなんだって話になるもんね」ともっともな発言。さらに「本業ありきってことを忘れちゃダメなのよね、だったらもうやめて、副業を本業にしろって話だから。本業が楽しいってのが大事で『本業はもういいや』って言って『安定のために副業をやっておこう』って思っちゃうとうまくいかない。宝くじ当たっても仕事辞めないって感じね」と本質を語り、一同納得していた。

 

次に登場したのが、大手企業の新規事業の手伝いをしているという人物。しかしその人物は何回も転職を繰り返すもののうまくいかなかったそうで、マツコは「失敗を繰り返しているからこそできるアドバイスがあるからね」と分析。その人物も肯定したうえで「落とし穴(失敗)に落ちないようにしたら、成功確率は高められないけど、失敗確率は下げられますよ、というのをコンサルで生業にしています」と返答し、マツコも「成功するかどうかは分からないしね。そこにお金を費やすよりも、リスクを減らすのは企業にとって効率的だし」と納得の表情。

 

しかしながら、その人物が「年商1,200万円から1,500万円ですね」と収入を答えるとマツコは表情を変え「何にも成功してないのに1200万円もらってんのか、コノヤロー」とツッコんでいた。

 

(めるも編集部)

 

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ