『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』全国2,304人限定の日本最速前夜祭上映が決定 上映時間は2時間22分と判明 

SPICE

2019/12/10 18:30


12月20日(金)より封切られる映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の公開直前・前夜祭上映が行われることが発表された。

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』は、1977年公開の『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』から42年にわたって続いてきた『スター・ウォーズ』シリーズの最新作。エピソード9にあたる本作では、J.J.エイブラムスが監督・脚本を務め、これまで描かれてきたスカイウォーカー家の物語の最後が描かれるという。
 


実施が決まった前夜祭上映は、12月20日(金)の前日12月19日(木)に、北海道・東京・愛知・大阪・福岡の劇場で実施。座席数計2,304席の限定上映となる。

実施劇場は、札幌シネマフロンティア(北海道)、TOHO シネマズ六本木ヒルズ(東京)、ミッドランドスクエアシネマ(愛知)、TOHO シネマズ梅田(大阪)、ティジョイ博多(福岡)の5館。すべて2D字幕版で上映されるが、ドルビーアトモスなど細かな仕様は各劇場のサイトを確認しよう。

今回の日本最速上映の決定について、TOHOシネマズ六本木ヒルズの古澤支配人は、「2015年から「スター・ウォーズ」シリーズ公開時のカウントダウンを開催し続け、六本木ヒルズが新たな“聖地”になることを目指してきた私にとって、遂に「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」が公開され、その前夜祭上映を開催できることは、大変光栄なことであり、最高の幸せです。ファンの皆さんと一体となって公開を迎えるあの興奮が、これまでで最大の興奮が、遂にやってくると思うと、今から待ちきれません!12月19日の18:30、皆さんの“フォース”を六本木ヒルズに集結させ、最大の“フォース”をもって公開を迎えましょう!!」と喜びと興奮のコメントを寄せている。

また、『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の上映時間が2時間22分であることも明らかに。『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』から、前作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』まで、上映時間がすべて2時間を超えている同シリーズ。「完結編」とされている本作は、前作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の2時間30分よりやや短い、2時間22分になるという。

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』は12月20日(金)全国公開。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ