木下優樹菜“黒マスク姿”にドン引き…「感じ悪い」「反省してなさそう」

まいじつ

2019/12/10 10:32

木下優樹菜 
画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

〝タピオカ恫喝騒動〟で芸能活動を休止中の木下優樹菜の姿を、ネットメディア『NEWSポストセブン』(12月8日付)がキャッチした。

記事によると木下は、11月下旬、打ち合わせのため、事務所の男性幹部2人とともに西麻布の日本料理店を訪れたという。

この日、木下は茶色のニットパーカーに黒マスク姿で人目を避けるように歩いていたというが、ランチタイムに〝高級料理〟に舌鼓を打ったらしいことから、ネット上では非難が殺到している。

《昼からしゃぶしゃぶですか。結構な身分ですね》
《どうせ事務所の人間と復帰に向けて作戦会議だろ。二度と出て来なくていいから》
《ていうか、外でご飯食べたりしてる暇あるならお詫びに行けば?》
《黒マスクってめちゃ感じ悪い。反省なんか絶対してなさそう》
《激ヤセしてるとかいわれてるけど、いつもと変わらないじゃん。ちょっとした息抜きのつもりじゃね》
《服装ダサ過ぎ。マジ消えてほしい》

など、散々な言われようだ。

復帰はまだまだ遠い


「記事ではミルクティー色のパーカーと黒マスクをしていたことからタピオカを連想させるとありますが、やはり注目を浴びているのが〝黒マスク〟です。もともと黒マスクはファッションの一部としてK-POPアーティストの間で流行しました。日本でも一時、着用する人が増えましたが、〝ヤンキーっぽく見える〟〝イタい厨二病に見える〟などという理由で、かなりの不評。今では完全に廃れてしまいました。あるネット調査では、約7割の人が〝黒マスクは許せない〟と答えたという結果も出ており、本来、反省の態度を見せなければいけない木下が着用するべきではないという意見が圧倒的です」(芸能記者)

本人にしてみれば、「どんな格好をしようが私の勝手だろ!」と思っているだろうが、それほど世間の木下を見る目が厳しいということだろう。フードをかぶり、マスクをして人目を避けていたようだが、わざわざ黒マスクにしてしまったがために、〝強面〟が逆に目立ってしまったのかもしれない。

「今の調子では、復帰までにはまだまだ相当に時間がかかると思われます。不倫や恫喝などに対する世間の目は、芸能人が考えている以上に厳しい。〝ゲス不倫〟のベッキーですら、ようやく最近、ドラマが決まったばかりですから」(芸能関係者)

姿を現さないと〝雲隠れ〟といわれ、目立つと〝反省が足りない〟といわれ…。こんなつらい商売、さっさと辞めた方がいいのではないか。

当記事はまいじつの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ