中居正広、新職業「旅人2.0」を視力と勘違い!? その仕事内容に驚き

※画像は、『新・日本男児と中居』公式Twitterのスクリーンショット

 

12月6日放送の『新・日本男児と中居』(日本テレビ系)に、職業が「旅人2.0」のKEIさん(26歳)が登場し、中居正広が「人のお金で旅して年収1千万円」という仕事内容について質問を続けた。

 

「過剰にならないように」と心配も

 

まず中居が「何ですか?旅人2.0って。明確に見えてますってことですか?」と質問。起業家の塩田元規は「ソレ視力なんで。目のいい旅人じゃない」とツッコミを入れ、KEIさんは「バージョンアップしていて。従来は旅人1.0」と説明、中居は「アップデートして2.0としての仕事を作った。自分でカテゴリーを作ったってことですよね」と納得した。

 

続いて「いつか英語を喋りたい、世界を見てみたいって言ってたんですけど、いつかって一生来ないなと思って思い切って全部やめて」と話すKEIさんに、「その勇気!皆いつか英語喋れたらいいなぁ、いつか何々できたらいいなぁ、ソレ行動移せない。今日朝起きて『俺は今日絶対映画に行く!』っつっても実行できないからね」と中居。そして中居が「年収1千万円っていうのは何ですか?」と聞くとKEIさんは「(旅の)映像を観てくれた企業やサポートしてくれる人達」と返答。中居が「演出したくなっちゃう時ないですか?あまりにも平穏すぎちゃって」と尋ねると、「ちょっと出てきますね。この道危なそうだけど行きたいと
か」と答えるKEIさんに「過剰にならないように気を付けないとね」と気遣う。

 

次に「アマゾン川近くを旅した時にシャーマンに出会って『山あり谷ありになるが心のコンパスに従って進め』って言われました」と話すKEIさんに「シャーマンまで行けないわ」と中居。これをKEIさんは「映画行けないもん!シャーマンなんて行けるわけない」と切り捨て、中居は「ホントだよね!」と爆笑した。

 

「占ってもらえるんです。寄付してオンラインで」という塩田に「アマゾン川代わりに下って会わせますシャーマンに」とKEIさん。中居が「本当に?僕いくら出せばいいですか?」と尋ねるとKEIさんは「200万くらい」。これに「俺足元見られてるぞ!」と驚く中居だった。

 

(めるも編集部)

 

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ