入浴中の母親を盗撮していた32歳の変態男 縁を切られてもなお…

しらべぇ

2019/12/8 13:30

(Alina Rosanova/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
血を分けた家族が性的に変態だった。これほど悲しいこともないだろう。もしも最愛の息子にそんなことで失望させられたら、母親はどれほどの挫折感を味わうことか…。

■車を盗んで外出した男


米国テキサス州のウィチタフォールズという町で先月29日の朝、公道を走っていた1台の車をウィチタ郡保安官事務所のパトカーが呼び止めた。

続いて車を運転していたジョナティン・ヘルムズ(Jonathin Helms)という32歳の男が職務質問を受けたが、理由はその車について盗難被害届が出されていたためだ。


関連記事:ツイッターで知り合った小6女児とホテルで… 男の「おぞましい行為」に非難殺到

■「息子は異常で変態」と母親


その車の所有者は、なんとジョナティンの母親だった。彼女は警察に盗難被害を届け出た際、犯人は自分の息子かもしれないという可能性についても触れていた。

「息子は異常で変態。だから信用していない。縁も切った」と話した母親。警察がジョナティンについて確認したところ、今年9月に家庭内暴力を起こしたほか、過去のとんでもない犯罪歴が判明したという。

■入浴中の母親を盗撮


2017年、母親が入浴するとその様子をこっそりと盗撮していたジョナティン。あまりにも情けないその変態行為が発覚したのは、動画の1本を自分の姉に送りつけたことがきっかけだった。

仰天した姉は警察に通報。ジョナティンは逮捕・起訴され、母親による保護命令の申し立ても受理されたが、刑罰そのものは最高12日間の禁錮刑という甘いものだった。

■「変態」に女性はよりシビア


もしも家族が性的変質者だとわかったら、その後の付き合いはどうなるのか。

しらべぇ編集部が全国10~60代の男女1,732名を対象に調査したところ、男性の29.6%、女性の44.4%が「縁を切る」と回答した。どの世代においても、男性より女性のほうが変態行為により嫌悪感を抱いていることがわかる。



このたびの事例でも母・姉は毅然とした態度でジョナティンを警察に突き出している。何をやっても家族なら大丈夫などという甘えは許されないようだ。

・合わせて読みたい→幼女を犯し続ける60代小児性愛者の男 母親との歪んだ関係に衝撃

(文/しらべぇ編集部・浅野 ナオミ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年3月22日~2019年3月27日 
対象:全国10代~60代男女1,732名(有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ