ビートたけし、地震への対策に「どうすればいいかわからない」 共感の声も

しらべぇ




7日に放送されたTBS系情報番組『新・情報7daysニュースキャスター』でビートたけしが出演。番組では、地震が相次ぐ栃木・茨木を特集。ニュースを見たたけしが話した本音が話題となっている。

■「どうすればいいかわからないよね」


震度3以上の地震が1週間で6回、震度3未満も合わせると15回の地震があった関東地方。専門家は「首都直下型地震が誘発される可能性があるため、これを機に十分な対策を」と注意を促した。

たけしは「対策を、と言うけどどうすればいいかわからないよね」と本音をポツリ。これを聞いた安住紳一郎アナは「逃げる場所を決めておくとか大切ですよね」とフォローした。

続けてたけしは、「親父の中にはチャンスだと思う人もいるかもしれないね。地震のせいで逃げられるかもしれない」といった冗談を言いつつ、最後には「さすがにこれは不謹慎か」とコメント。

安住アナは「気づいていたならもっと早く自重してください」と呆れた顔でツッコミをいれた。


関連記事:ビートたけし、自然災害対策に「万博作るより避難所を」と提言 共感の声殺到

■共感の声だけでなく…


ただ、「地震の対策はどうすればいいかわからない」というたけし発言にネットでは「どこまですればいいかわからないよね」「改めて意識してと言われても思い浮かばない」といった意見が散見された。

一方で、こうした発言があると必ずといっていいほど湧き出す”不謹慎厨”も出現。「地震のことなんだし、ふざけないでほしい」「ふざけどころをわきまえるべき」などといった声も。

■地震対策をしている?


防災用のバッグや乾パン、飲料水など防災グッズは様々なものがあるが、世間の人はどれくらい準備しているのだろうか。しらべぇ編集部では、全国20~60代の男女1,357名を対象に、地震対策のために防災グッズを準備しているか調査を実施した。

「準備をしている」と回答したのは28%となった。地震が多い日本だが、大きな地震に対する意識はわりと薄いのかもしれない。たけしの意見に同調する人が多いのも頷ける結果となっている。



ニュースでのブラックジョークも味のひとつとして、これからもたけしの発言に期待したい。

・合わせて読みたい→高橋克典、防災準備は万全? 「キャンプ用品をAmazonで」

(文/しらべぇ編集部・Aomi

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年2月9日~2018年2月13日
対象:全国20代~60代の男女1,357/1,358名(有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ